ルナ ローバーが史上最高のEVだという7つの理由

これまでに作られた中で最も高級なEVだった
たった4台の製造に3,800万ドル(42億円)もの費用がかかり、わずか3台が実用化されただけで、文字通り宇宙飛行士でなければ運転できないものだった。

さて、考えてみよう。あなたが今まで運転した中で、最もクールな場所はどこ?ニュルブルクリンク?アウトバーン?ラグナセカ?だったら、これまでに12人しか足を踏み入れたことがなく、そのうちの数分の1しか運転したことがないような、文字通り別世界のような場所はどうだろうか。

最も有名な2人の宇宙飛行士、アームストロング氏とオルドリン氏は、2本の足と心臓の鼓動を使わなければならなかった。ムーンバギーが登場したのはアポロ15号からで、アポロ17号でアポロ計画は終了した。つまり、3つのミッション、3人のドライバー、3人のコ・ドライバーということになる。そう考えると、招待制のフェラーリも、ちょっとしたことで簡単に手に入るように思えてくるもんだね。

アーカイブ

subscribe RSS