リシャール・ミルからスケルトン加工が美しい、双子のようなトゥールビヨン2種

独自の魅力的外観と技術面での複雑さを併せ持つ、RM 74-01 オートマティック トゥールビヨン(予価52,800,000円)とRM 74-02 オートマティック トゥールビヨン(予価59,400,000円)。完全自社開発された自動巻きトゥールビヨンキャリバーが搭載された2種の新作が登場する。どちらも時計の「心臓部」にあたる部分には、際立ったスケルトン加工が施され、ケース素材の違いから外観が異なって見えるものの、それぞれが際立った個性を持つ、双生児のようなモデルだ。

RM 74-01に使用されているグレーサーメットは、優れた耐腐食性と耐傷性を有しており、ケースに採用されるに最適な素材となっている。チタンの軽量性とセラミックスの硬度を兼ね備えたグレーサーメットは、ジルコニウムの金属マトリックスと高性能セラミックスを組み合わせたものだ。

RM 74-02には、時計製造におけるリシャール・ミル独自の素材、ゴールドカーボンTPT®を採用した。この素材における技術面の課題は、独特な複合材料(カーボンTPT®)と貴金属(金箔)を組み合わせることであった。

この2つのモデルがそれぞれ抱えているのが、自社開発の自動巻きトゥールビヨンキャリバー。RM 74-01はCRMT6、RM 74-02はCRMT5。地板とブリッジの素材には、RM 74-01ではPVD加工とエレクトロプラズマ処理を施したグレード5チタンが、RM 74-02ではイエローゴールドとレッドゴールドが採用されている。フリースプラングテンプを用いたトゥールビヨンレギュレーターが時を刻むこれらのタイムピースでは、高速巻き上げ式の香箱から絶えず得られる動力がインボリュート歯形の歯車によって供給されることで、50時間にわたって時計機構の優雅な動きが実演される。両ムーブメントはいずれも、可変慣性モーメントローターによって動力を蓄えている。このローターにより、着用者のライフスタイルに合わせて時計に対する巻き上げ効率を調整することができるのだ。

RM 74-01とRM 74-02の特徴的なスレンダーなラインは、6時位置に配されたトゥールビヨンの壮麗な姿を美しく引き立てている。また、面取りされた縁取りに特別な仕上げが施されたインナーベゼルがムーブメントを際立たせており、エレガンスと究極の時計製造技術が融合された繊細な2つのタイムピースは、優雅なタッチの手作業による仕上げによって、さらに洗練された印象になっている。

https://www.richardmille.com/ja

アーカイブ

subscribe RSS