レッドブル仕様のV12エンジン、フェラーリ 550 GTがオークションに

TGチームのメンバーに、今世紀で最も好きなGTレーサーを尋ねてみると、かなりの人が2000年代初頭の素晴らしいフェラーリ550GTに落ち着くだろう。

550は、2004年にスパで開催された24時間レースで、V12エンジンを搭載したフェラーリとしては最後の完全優勝を果たした。昨年のオークションでは、プロドライブ社が製造した10台のうちの1台であるこのクルマが328万ポンド(5億円)という驚異的な価格で落札された。ファンは私たちだけではないようだね。

来月開催されるRM サザビーズ ミラノのオークションに出品されるレッドブルカラーの550は、そこまでの価格にはならないかもしれないが、みんな、どれほど欲しがっているか分からない。

この550は、チーム・ラファネリのためにイタルテクニカが製作した2台のうちの1台で、2001年のFIA GT選手権で活躍した。その後、2002年にはJAS Motorsportの手に渡り、近年再び採用されているレッドブル・カラーに彩られたマシンとなっている。

2003年と2004年には、JMBレーシングがイタリアGT選手権に参戦し、数々のレースで勝利を収め、トト・ヴォルフなどが実際にドライブした。

さて、皆さんはこのクルマがいくらで売れると思う?そして、購入資金のために何を売ります?

アーカイブ

subscribe RSS