フォードをぶん投げたケン ブロックがスバル WRX STIとタットヒル 911をチョイス

私たちのようにインターネットに多くの時間を費やしている人なら、ケン ブロックが11年間の独占的なパートナーシップを築いてきたフォードと最近決別したことをよく知っているだろう。彼はその過程で、彼の最も有名な超高速のフォード3台を売却した。悲しいことだ。

いずれにせよ、ブロック氏は2021年のシーズンに好きなクルマで自由にレースをすることができるということで、彼はそれを最大限に活用している。

ブロック氏は、2021年アメリカン・ラリー・アソシエーション・シーズンの残り7戦のうち6戦に、2009年以来初めてスバルのWRX STIを駆って参戦することを発表した。

だが、2021年はこれだけじゃない。さらにブロックは、サファリ仕様のタットヒル製空冷ポルシェ911で、東アフリカのサファリ・クラシック・ラリーに参戦することを約束しているからだ。これはすごい。このラリーは、ケニアの過酷なグラベルロードを10日間かけて5,000km近い距離を走るイベントなのだ。

その翌日には、ジムカーナのスターはバハ 1000に直行し、初めてトロフィー・トラックでレースをすることになっている。このイベントでの彼のチームメイトは?16歳のオフロードレーサー、ジャックス レッドラインだ。

今後もメーカーとの提携が予定されているとのことだが、ブロックの今後のプランについて、皆さんはどのようにお考えでしょう?

=海外の反応=
「スバルがWRCレースから撤退したことを、まだ嘆いているんだ。嗚呼」
「オーマイゴッド。この911はただの病気じゃん。マスタングのジムカーナの後、ケニーはカッコ悪いスバルを捨てて本当にクールなクルマを手に入れるべき」

アーカイブ

subscribe RSS