1919年創業のベントレーが生産200,000台達成、75%は直近18年間で

ベントレーは本年3月26日に、輝かしい100年以上の歴史において200,000台目となるラグジュアリーカーを生産した。記念すべき200,000台目は中国の顧客のために作られたベンテイガ ハイブリッドで、この生産を祝し、今週、クルー本社の生産ラインから運び出されるタイミングに合わせ、現存する最古のベントレーであるEXP2と長く務める従業員たちが集ったのである。このことは、コンチネンタル GTやベンテイガのような現代モデルの成功によってベントレーが大きく姿を変えたこの特別な20年間の最後を飾るものでもある。

さらに記念すべきことに、200,000台目のクルマは、2003年以降クルーで生産された154,396台目のクルマでもある。2003年は初代コンチネンタルGTが現代ベントレー初のモデルとしてローンチされた、ベントレーにとってはブレークスルーの年でもある。ベントレーは1日85台のクルマを生産しているが、これは20年前の1か月の生産台数と同じだ。

これと比較すると、ベントレーが1919年にベントレーが設立されてから2002年までに生産されたクルマは44,418台で、そのうち38,933台がクルーで生産された。この間、ブロワーやRタイプ コンチネンタル、ミュルザンヌ、アルナージ、アズールなど、時代とともに様々なアイコニックなモデルがありた。驚くべきことに、イギリス市場に出されたベントレー車の84%がまだ現役で走っている。

2003年以降クルーで行われた主要な投資計画は、ラグジュアリーグランドツアラーの決定版であるコンチネンタルGTの成功と密接に関係している。今年1月に、80,000台目のコンチネンタル GTがオーダーメイドで生産された。

会長兼CEOのエイドリアン・ホールマークは以下のようにコメントしている:
「200,000台目の車を生産できたことは、1919年の設立よりベントレーが歩んできた特別な旅のランドマークの一つです。2003年にコンチネンタルGTを導入したことは、このブランドに変革をもたらし、このモデルだけで200,000台中80,000台を売り上げ、新しいセグメントを開拓するとともにブランドの現代的なイメージの基盤を創り上げました。

ベントレーの進歩の過程は2003年に急加速しましたが、私たちは現在、さらなる変革の時期に入っており、これからは「ビヨンド100」戦略に基づき持続可能なラグジュアリーモビリティのリーダーになるという目的を追求していきます」

この記念すべき瞬間に立ち会うため、200,000台目のベンテイガハイブリッドと最古のEXP2とともに、ベントレーで最も長く働いている従業員たちが集った。スティーブ ワードは1977年に入社し、42年前に父の跡を継いで彼自身のベントレーでのキャリアを始めた。

スティーブは、車両分析エンジニアとして、1980年以降すべてのモデルに積極的に関与し、世界中でテストして現代ベントレーの変革を直接体感している。

コンチネンタル GTは究極のハイスピードラグジュアリーカーであり、この分野におけるベンチマークであり続けている。この3月には、史上最もパフォーマンス重視で、快適性と豪華さにも妥協のない新型コンチネンタル GTが発表された。

コンチネンタルGT同様、真にベントレーらしいドライビングエクスペリエンスと比類ないラグジュアリーさを追求したモデルであるベンテイガも成功を重ねてくる。2015年に発表されて以降、ラグジュアリーSUVという新たな分野を開拓し、最速のSUVであり、現在までに25,000台以上の売り上げを達成している。今後10年間でコンチネンタルGTの総販売台数を超え、ベントレー史上最も売れるモデルになることが予想されている。

また、フライングスパーも、2005年以降40,000台を生産しており、世界で最も成功したラグジュアリースポーツサルーンとなっている。

ベントレーの未来に目を向けると、2020年11月に「ビヨンド100」戦略を発表し、生産過程に関する高い目標を設定した。2030年までに完全なカーボンニュートラルを実現し、クルー工場を気候変動に配慮した工場にする予定だ。

2026年までにPHEVとBEVのみへ移行し、2030年までにすべてのラインナップをBEVに切り替える。先進的な「ビヨンド100」戦略は、ベントレーがラグジュアリーカーメーカーとして次の100年を歩む上で、ビジネスのあらゆる側面を変革していく。

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS