ベントレー史上最高の運動性能を誇るロードカーにはスポーツウェアで乗るのが今どき 新型コンチネンタル GT スピード

とうとう、第三世代の新型コンチネンタル GT スピードが発表された。定評ある6.0リッターW12 TSIエンジンの改良版を搭載、最高出力659PS、最大トルク900Nmで0-100km/h加速3.6秒、最高速335km/hと、ベントレー史上最高の運動性能を誇るロードカーと謳われている。日本でのメーカー希望小売価格は33,900,000円で、デリバリーは2021年第4四半期を予定している。

発表にあたり、オフィシャルの動画が作られた。この記事の一番下に貼ってあるのだが、それを見ると、コンチネンタル GT スピードに乗った男性が、最初はブラウンのスーツを身に着けていたが、途中から、スポーツウェアにスニーカーに変わっている。冒頭のスーツも、イギリスのクラシカルなものではなく、ストレッチが効いていそうなもので、全体的にアクティブだ。これまでのベントレーとは一線を画したアピール手法となっているところに注目したい。

第三世代となる新型GTスピードの設計、エンジニアリング、開発、ハンドクラフトによる製作は、カーボンニュートラルの認証を取得したラグジュアリーカーファクトリーで行われる。「スピード」という名称には長い歴史があり、高評を得た初代コンチネンタルGTスピードによって2007年に初めて「スピード」というモデルが設定されたが、元々は1920年代の名車「3リッタースピード」に与えられていたモデル名だった。新型GTスピードも誇り高い称号に相応しく、グランドツアラーのパッケージングの中に、これ以上はないと思える究極のカタチでラグジュアリーとパフォーマンスが融合している。

エンジニアリング担当役員のマティアス レイブ博士は次のようにコメントしている。

「高性能グランドツアラーの最高峰、それが新型コンチネンタルGTスピードです。コンチネンタルGTシリーズの持ち味を最もパワフルに表現したエキサイティングでダイナミックなクルマであり、スピードモデル特有のディテールがオーナーの満足感を高めます。また、ドライバーがクルマのキャラクターをこれまで以上にコントロールできるようになっています」

「世界随一の豪華なグランドツアラーに過去最高の運動性能がプラスされ、一層スポーティになった乗り味で性能重視のドライバーの期待に応えます。GTスピードがコンチネンタルGTシリーズの新たな扉を開き、ベントレーのお客様に寄り添うエクストラオーディナリーな旅をお届けします」

新設計のエレクトロニック・オールホイール・ステアリングによって、ドライブモードを「ベントレー」や「コンフォート」にしたときの動的性能が向上し、「スポーツ」モードではGTスピードの本領が存分に発揮される。ベントレーダイナミックライドとエレクトロニック・リミテッド・スリップ・デファレンシャルをステアリングに連動させ、ベントレーのほかのロードカーでは味わえないレベルの機敏さを実現している。

低中速走行での旋回時には前輪と逆位相に後輪が操舵されて回頭性が高まり、一段とキビキビとした走りを実感できる。これまでよりもクイックレシオに設定されているため、ステアリングの切れ味は鋭く、ダイレクトな操舵フィールがドライバーの自信を後押ししてくれる。高速時は後輪が前輪と同位相に操舵され、安定性が向上。エレクトロニック・オールホイール・ステアリングはフライングスパーに搭載されていたものと比較すると、かなり積極的に作動する仕組みとなっている。フライングスパーでは旋回半径を小さくし、高速安定性を高めることが主な目的だった。

アクティブAWDも搭載されている。すべてのドライブモードでトラクション制御とトルク配分が見直され、スタンタードモデルのコンチネンタルGTとは明らかに異なるキャラクターに仕上っている。

革新性と安全性を両立し、運動性能にも妥協しないというベントレーの理念を実現し、あらゆるドライバーに満足していただくため、「ベントレー」モードと「コンフォート」モードにおいては前後ホイールのグリップバランスを調整し、「スポーツ」モードでは、どのような走行シーンでもトルクがリア寄りに配分されるようになっています。

新型コンチネンタルGTスピードにはエレクトロニック・リア・デファレンシャル(eLSD)がベントレーで初めて導入される。

このeLSDは、トラクションコントロールやアクティブシャシーシステムとの連携を考慮して施された特別なチューニングによって、左右方向の許容範囲の拡大、前後方向の安定性の向上、アクセルオン時の調整の強化を実現し、悪路ではトラクション性能を高めてくれる。

「ベントレー」モードと「コンフォート」モードでは、eLSDによってトラクションが向上するため、安心感に満ちたドライビングを楽しめ、高速走行時の安定感も格段に向上する。「スポーツ」モードでは、アクセルオン・オフ時の調整をバランスさせ、ターンインのレスポンスを改善させ、直進性を向上させるようeLSDをチューニングした。こうしたメリットによって、これまで以上にドライバー重視の細やかな調整が可能となっているが、快適性や安定性は少しも損なわれていない。

新たなシステムによってコーナリングダイナミクスが向上し、確実なグリップが得られるため、ドライバーはいつでも迷い無く、正確にコーナーを抜けることができる。利用可能なトラクションから最大限の性能が引き出され、コーナーを抜ける際には安定した車両姿勢で優れた加速性能が発揮される。「スポーツ」モードでは、トラクションマネジメントシステムがさらに大きなトルクをリアアクスルに配分するため、アクセルオン操作でコーナリングラインをより確実にトレースできるようになる。

ベントレーの3チャンバー・アクティブ・エアサスペンションとアダプティブダンパー、そしてベントレーがベンテイガや第三世代のコンチネンタルGTにいち早く採用した48Vのアクティブアンチロール制御システム「ベントレーダイナミックライド」は、シャシー技術の要であり、互いに連携して妥協なきボディコントロールと乗り心地を実現。ベントレーダイナミックライドは、各アンチロールバー内に搭載されたパワフルな電気モーターが車体のロールを抑制している。最も硬い設定にすると、各モーターが0.3秒で1300Nmを発揮してコーナリングフォースを抑え、ボディを水平に保つ。

エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)はドライブモードに応じてドライバーが可能な限り自由な走りを楽しめるように設定されている。危険な状態が検知されるとGTスピードに搭載されたセーフティシステムが作動する。ESCが介入すると、でこぼこな路面や傾斜面または荒天時でも安定性がしっかりと確保される。「ダイナミック」モードではESCの介入が抑えられ、腕に自信のあるドライバーはコーナリング時の車両姿勢を自身でコントロールできる。

ESCをオフにすると、GTスピードのトラクションとこのクルマ本来のバランス性能が際立ち、これまでベントレーのレーシングマシンでしか体験できなかったドライバー重視の走りを堪能できる。オールホイールステアリングとeLSDの効果によって鋭いターンインを決めた後、アクセルとステアリングを巧みに操作し、難なくコーナーを脱出できる。

GTスピードには、向上したシャシー性能に相応しい新設計のカーボンセラミックブレーキがオプションとして導入される。耐フェード性に優れ、ブレーキペダルにはしっかりとした踏み応えがあり、カーボンシリコンカーバイド製ブレーキディスクは食いつきの良さを発揮。最高速からのフルストップ時に発生する最大10メガジュールのエネルギーも、10ピストンのフロントキャリパーと4ピストンのリアキャリパーが圧倒的な制動力で受け止め、熱に変換する。素材をカーボンセラミックにすることによってばね下重量が33kg以上も軽くなる上、ブレーキダストが極めて少なく、スピードモデル専用22インチホイールの美しいルックスを手間をかけずに保つことができる。

新型GTスピードはベントレーグランドツアラーが誇る動力性能を最高レベルまで引き上げつつ、兄弟モデルと同様の豪華さ、快適さ、使いやすさを備えている。ベントレーの代名詞ともいえる6.0リッターW12 TSIエンジンの改良版を搭載し、最高出力は現行のW12モデルを24PS(4%)上回る659PS。最大トルクは900Nmという驚異的な数値を維持した。このエンジンと傑出したハンドリングがもたらす最高速は335km/h、0-100km/h加速は3.6秒となり、0.1秒短縮された。

エンジンとトランスミッションはドライバー重視というこのクルマの資質を活かすべく、入念に調整されている。その特性が最も顕著に現れる「スポーツ」モードでは、シフトアップのタイミングを遅らせ、シフトダウンを早めることにより、W12ツインターボチャージャーがパワーバンドに長く留まるようチューニングされている。その結果、ドライバーのアクセル操作に対し、クルマがより機敏に反応する。

「スポーツ」モードではスタンダードなW12モデルと比べて、8速デュアルクラッチトランスミッションが2倍の速さで変速。これも、スピードモデルの特徴です。また、始動時とシフトダウン時のエキゾースト特性も強化されている。

コンチネンタルGTスピードは圧倒的なパフォーマンスを発揮するだけでなく、ベントレーのストップスタートテクノロジーを採用し、効率性を最大限に引き出す。このテクノロジーにより、車両が静止しているときに加え、停車直前にもエンジンが止まる。

ベントレーの可変シリンダーシステムは、特定の条件下で12気筒の内の6気筒を休止する。気筒の休止や復帰にドライバーが気づくことはない。指定の気筒において、吸気バルブと排気バルブ、燃料噴射、点火がすべて休止し、6気筒エンジンとして作動するため、燃費向上につながる。

コンチネンタルGTの筋肉質なボディがGTスピードではさらに力強さを増している。エクステリアに採用されたスピードモデル特有のディテールが、アスリートを思わせるパワフルな佇まいを引き立て、コンチネンタルGTが纏うゆったりとした優雅な雰囲気にしっくりと馴染んでくれる。

スピードモデルでは、ラジエターグリルとバンパーロアグリルをダークティントとしたほか、造形の美しいスポーツタイプのドアシルやダークティントのラジエターマトリクスを採用し、フロントフェンダーにはクロームのスピードバッジをさりげなくあしらった。

ホイールはコンチネンタルGT随一の高性能バージョンに相応しく、ブライトシルバーのスピード専用22インチホイールだ。ダークティント仕上げまたはブラックグロス仕上げのオプションも選択できる。「ジュエル」フューエルフィラーキャップと「ジュエル」オイルフィラーキャップは標準装備。両サイドのドアシルに取り付けられたイルミネーション付きベントレートレッドプレートからもスピードモデルの実力が伝わってくる。

新型コンチネンタルGTスピードのキャビンはベントレーの職人技が凝縮された世界最高のカーインテリアだ。スピードモデル専用のトリムやバッジとハンドクラフトされた素材とが絶妙に調和している。希望に合わせてカスタマイズすることも可能だ。

室内はレザーとアルカンターラで手仕上げされたデュオトーンカラースプリットで彩られ、ステアリングホイールも同様のカラーで統一される。コンチネンタルGTスピードの性能の高さを予感させるインテリアだ。助手席側フェイシアに設けられたエレガントなスピードのアイコンは、エクステリアのバッジと揃いのデザインである。

豪華なインテリアをさらに自分好みに演出できるよう、メインハイド15色とセカンダリーハイド11色が用意されているほか、スピード専用カラースプリットではアルカンターラをレザーに置き換えることもできる。センターコンソールのオプションとして、エンジンターン加工されたダークティントのアルミニウムが新たに追加された。機械加工によって刻まれた緻密な幾何学模様が美しい輝きを放っている。

ベントレーの「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトは標準装備に含まれる。ヘッドレストに施された「Speed」の刺繍が、スタンダードなコンチネンタルGTとの違いをほのめかしている。

ウッドパネルは標準設定のPiano Blackをはじめ、様々な種類が用意されています。Crown Cut Walnut、Dark Stained Burr Walnut、Dark Fiddleback Eucalyptusは無償オプション、オープンポアはDark Burr Walnut、Crown Cut Walnut、Koaの3種類だ。

他のコンチネンタルGTと同じくGTスピードも4人乗りで、グランドツーリングカーとしておろそかにできないトランク容量は驚きの358L。こだわりのディテールを散りばめ、最先端のインストルメントパネルと人気のベントレーローテーションディスプレイを搭載し、ドライバー重視の超高性能を誇る新型GTスピードが、コンチネンタルGTの世界観をさらに押し広げてくれる。

=海外の反応=
「シルバーの塗装は好きだけど、シートはなんだか安っぽく見える。また、これだけ巨大なエンジンを搭載していれば700馬力以上出てもおかしくないのに…」
「高価なフォルクスワーゲンで、内装は整っているとはいえ、ダサい。僕はパスすると思う」
↑「全く別のプラットフォームで作られてるし、VWとは何の共通点もないじゃんか」
「このような素敵な新型があったとしても、私はまだマリナーラインの方がいいと思う。気品を失うことなく十分なパフォーマンスを発揮してくれるから」
「この内装だと、濃いめの外装色が似合う」
「ノルドシュライフェで勝負を決めようぜ!」

https://www.bentleymotors.jp

アーカイブ

subscribe RSS