現時点で宇宙船度ランキング1位★メルセデス・ベンツ EQSのインテリア

てか、宇宙船じゃん!これまで見た実車の中では、宇宙船度ランキング(そんなのあるのか?)堂々1位でしょう?何コレ?…ようこそ、メルセデスの新しいフラッグシップ電気自動車の内部へ。EQSの実車を目にするのは、まだ2週間ほど先のことなんだけど、メルセデスは、その重要な高級電気自動車のキャビンを公開した。スクリーンがたくさんあるね。

EQSのダッシュボードの外観は、これまでこのクルマに注目してきた人にとっては驚くべきものではない。新型車には、Sクラスのポートレート型タッチスクリーンとダッシュボードが標準装備されているけれど、メルセデスが1月に公開した広大な「MBUXハイパースクリーン」にアップグレードすることも可能だ(むしろ、そうすべきだろう)。このシステムのスペックは、8コアCPU、24ギガバイトのRAM、そして累積141cmのスクリーンです。これはすごいよ、マジで。

トリプルスクリーンは、車幅のほぼ全域を覆う1枚の曲面ガラスの後ろに、センター(17.7インチ)、運転席と助手席(いずれも12.3インチ)のディスプレイが組み込まれている。このディスプレイは、シルバー/レザーのフレームで囲まれ、エアコン用のスリムな吹き出し口の下に設置されている。センターディスプレイと助手席ディスプレイには、非常に鮮明な有機ELディスプレイが採用されており、どちらにも触覚と力覚のフィードバック機能が備わった。

前者は、画面をタップするとパルスが発生し、実際にボタンを押しているような感覚になる。後者は、あまり知られていないけれど、昔のiPhoneに搭載されていた「3D Touch」技術に似ている。基本的に、スクリーンは、あなたがどれだけ強く押しているかを認識し、それに応じて反応を変えることができる。これで、「押してるか押してないかが全然わかんない」問題とは、おさらばだ。

特殊なコーティングと製造技術により、ハイパースクリーンは傷がつきにくいだけでなく、掃除しやすく、反射の影響も受けにくいと言われている。一方、助手席のディスプレイは、ドライバーが見ているかどうかを判断して、助手席にだけ見えるように輝度を下げることができる。また、助手席に誰かが座っているかどうかも分かり、一人で飛行している場合は自動的にスイッチが切れるようになっている。

EQSには合計で350以上のセンサーが搭載されており、「距離、速度、加速度、照明状態、降水量、温度」から「シートの占有率、ドライバーのまぶたの動きや同乗者の言葉遣い」まで、あらゆるものを測定する。

ハイパースクリーンには、メルセデス社の最新版インフォテイメントシステム「MBUX」が搭載されており、メニューを押したり、つまんだり、スワイプしたりする前に、AIが何をさせたいかを予測する。「いわゆるゼロレイヤー設計により、ユーザーはサブメニューをスクロールしたり、音声コマンドを入力したりする必要がありません。重要なアプリケーションは、状況や文脈に応じて、常に視界の最上位に表示されます」とメルセデスは言っている。

新型車のキャビンには、不快な粒子や臭いを防ぐHEPAフィルターや、対応するスマートウォッチのデータを利用して気分を落ち着かせたり、目覚めさせたりすることができる最新の「エナジャイジング・コンフォート」システムが搭載。さらに、窓やブラインドを閉め、シートをリクライニングさせ、ステレオから落ち着いた音を流し、エアコンや周囲の照明を調整することで、充電中に短い昼寝をして時間をつぶすことができる「パワーナップ」機能も搭載している。

メルセデスは、EQSのオプションである「サウンドエクスペリエンス」にも力を入れている。EQSがメルセデス史上最も静かなモデルであることは間違いないが、至福の静寂の中でドライブすることもできる。また、ドライビングスタイルやスポーツモード、コンフォートモードに応じて、3つのサウンドスケープから1つを選択することも可能だ。例えば、「Silver Waves」は「官能的でクリーンなサウンド」、「Vivid Flux」は「ハイテクなサウンド」、「Roaring Pulse」は「ドラマチックなサウンド」みたいな感じで。

ネットのみなさん、ご意見、ご感想は?

=海外の反応=
「リムジンとしては少し派手な印象を受けるな。多くのものがあり、多くの色や素材が一つのエリアに使われている。壁一面のスクリーンに常に目を向けないようにすれば生活できるし、特に素材の質の高さは明らかだが、おそらく支払わなければならないであろうプレミアムでは、もっと期待したいところ」
「購入時にマイクロファイバークロスを無料で提供してくれることを期待」
「見た目はいいのだが、タッチインターフェースに頼りすぎていて、気が散りそう。自分が間違っているのかもしれないが、一見したところ、一切合切を投入しているように見え、不必要に操作が忙しいのでは?タッチは一部の用途では素晴らしいUIだけど、車内の基本的な機能はそうじゃないし」
「これは、今までのベンツの中で最も賢明なものだ。ベンツといえば、広さ、豪華さ、静けさの追求である。燃費もいい。このクルマはすべての項目を満たしている。2つの質問:エクステリアはうまく仕上がっている?ボンネットのトランクはあるのか?」
「高級時計は必ず機械式であり、高級オーディオシステムはデジタル機器を排除し、クラシックな家具は天然素材から手作りされ、美しい景色は人工物ではなく自然のものだ。派手な電子機器が敬遠され、目に見えない手触りや論理的な配置で操作できる、ユーザーフレンドリーな触覚のインターフェイスが再び登場する未来を望んでいる」

アーカイブ

subscribe RSS