90年代にピークだったフォード モンデオが29年の歴史に幕

寂しいニュースだ。フォード モンデオは、欧州における顧客の嗜好の変化に対応するため、2022年初頭に廃止される予定だ。現在、モンデオを製造しているスペイン、バレンシアの工場では、代わりにEV用バッテリーパックと、フォード・クーガ、ギャラクシー、S-マックスのハイブリッド車用2.5リッターガソリンエンジンを製造することになる。

フォードは1993年の発売以来、500万台以上のモンデオを販売してきた。モンデオは、(少なくともヨーロッパでは)発売当初は大きな成功を収めたが、イギリスの中流階級が、SUVやクロスオーバー(あるいはBMW、アウディ、メルセデスの低スペック車)を好むようになり、販売台数は減少していった。2001年には81,000台のモンデオが英国で販売されたようだが、昨年のフォードの販売台数はわずか2,400台に過ぎない。

30年近く販売されてきたモンデオだが、フォードは、2030年までに電気自動車を導入するというSUV中心の未来には、モンデオが存在しないことを認めざるを得なくなったのだ。フォードによれば、2026年までにすべてのクルマにプラグインハイブリッドを提供し、2023年には「ヨーロッパで製造された初の量産型オール電化乗用車」を発売するという。

モンデオは長年にわたり、英国を代表するアイコンとなっていた。トップギアTVでも、何かと引き合いに出されてたよね。90年代半ばにトニー ブレアが使った「モンデオ・マン」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。これは、最終的に彼を首相に選出するのに貢献した有権者のグループを表す言葉として流行した。

モンデオのピークは、90年代だった。それはサルーンであり、「グローバルカー」として設計された最初のフォードであった(ただし、実際に成功したのはヨーロッパだけだったが)。誰もがこのクルマを持っているか、あるいは、持っている人を知っている、という世の中だった。もちろん素晴らしいクルマであり、モンデオの生涯の大半を占めているモデルとなった(現在のモデルは少し平凡だが)。

=海外の反応=
「僕の父は、2代目、3代目、4代目のフォード・モンデオ・ギアに乗っていたが、本当に素晴らしいクルマで、フォードとしては驚くほどよくできていた」
「寂しいクロスオーバーの世界で惜しまれるモンデオへ、RIP」
「90年代に会社のお偉いさんと何度かお付き合いしたの以外なら、僕が最初に自分で買ったモンデオは、3万円で緊急に必要で買ったものだった。メーターでの走行距離は11万キロを超えていたが、実際は、少なくとも38万キロは走っていたようだった。

2005年式の6速ディーゼルで、さらに7万キロを走破してくれた。史上最もセクシーな車ではなかったかもしれないが、低コストで、快適で、ひっそりと自分の役割を果たすことができなかったのは残念。結局、モンデオを3台とマツダ6(同じシャシー)を所有したんだ。SUVは、乗り降りが神経質にならなくてはいけなくて、高くジャンプできない老齢のコリーにとっては難儀だったが(でも、誰が1日に4回も難儀な乗り降りをしたいと思うだろうか)。まあ、とにかくモンデオは、あらゆることに適したクルマの一台だったことは確かだね」
「フォードは米国での自動車販売をほとんどあきらめてしまったようだ。現在、フォードのウェブサイトに掲載されているのは、フュージョン(モンデオの米国版と思われる)とマスタングの2つだけ。他はすべてSUVかトラックだ。そして私は、フュージョンはもうすぐ手放されると思っている。みんなが理論的にはクルマ/ハッチ/ワゴンを愛していても、私たちが買わなければ、販売を続けることはできないだろう」
「残念なことだが、新聞に書いてあったことだ。個人的には、最新のモンデオはとてもハンサムだと思うけれど(ボクスホール インシグニアもそうだが)、ドイツのバッジが付いていないと売れないよね。
トップギアのスタッフは皆、当然のことながらSUVを非難しているが、どんなに激しく非難しても購買層は気にせず、とにかくSUVを買ってしまうようだ。
唯一の慰めは、英国のトップセラーが依然としてほとんどハッチバックであることだ。下は「サンデー・タイムズ」のドライビングサイトから。

1. フォード フィエスタ
2. ボクスホール コルサ(本当に?教習所の教官は今は仕事をしていないのでは?)
3. VW ゴルフ
4. フォード フォーカス
5. メルセデス・ベンツ Aクラス
6、日産 キャッシュカイ
7. ミニ ハッチバック
8. VW ポロ
9. フォード プーマ
10. ボルボ XC40」

アーカイブ

subscribe RSS