ジープ ラングラーから300台の限定車、特別な3色は早いもの勝ち

ジープ ラングラー・アンリミテッドに、内外装をスタイリッシュに演出した限定車「Wrangler Unlimited Sport Altitude(ラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード)」を設定し3月27日(土)より300台限定で販売する。価格は、5,440,000円。

今回の限定車「ラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード」は、ベース車にないボディカラーや装備を採用され、ひと味違う一台となっている。

エクステリアは、ジープのアイコンであるセブンスロットグリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルに艶感のあるグロスブラック仕上げを施し、精悍な印象を強めた。またホイールもグロスブラック仕上げの専用タイプを採用。さらにマットブラック仕上げのJeep バッジやTrail Ratedバッジを採用するなど細部にまでこだわっている。

ボディカラーは、80周年限定車のカラー投票で2位に選ばれたスナッズベリーP/C(限定100台)と、通常は「ルビコン」のみに設定されるスティンググレーC/C(同100台)、人気のブライトホワイトC/C(同100台)の3種類を設定、いずれもブラック内装(ファブリックシート)が組み合わされる。どれも人気な外装色ゆえ、早いもの勝ちとなりそうだ。

内装は、グロスブラック仕上げのインストルメントパネルにより外装とのコーディネートが図られると共に、Mopar製ハードトップヘッドライナーの採用により質感が高められている。なおこのヘッドライナーは夏には断熱効果を、冬には保温効果を発揮し、快適性の向上に寄与する。

ベースとなったアンリミテッド・スポーツは、2020年12月に仕様変更が施され、LEDヘッドライト、LEDフォグランプ(フロント)が追加されたほか、車線変更時の安全をサポートするブラインドスポットモニターや、後退時に側方からの車両の接近を検知するリアクロスパスディテクション、車庫入れ時に安心をもたらすParkSenseフロントパークアシスト(リア用は以前より標準装備)など、運転支援機能が大幅に充実した。エンジンは3.6リッターV型6気筒(最高出力284ps)を搭載している。

内外装にさりげないカスタマイズが施されたラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード。個性豊かに、街へ、そしてオフロードに出かけたい。

https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-sport-altitude.html

アーカイブ

subscribe RSS