新型メルセデス・ベンツ CクラスのSクラスチックな内装に異論続出

過去10年間で、メルセデスは他のどのモデルよりもたくさんのCクラスを販売している。これは非常に良いニュースで、サルーン(とエステート)はまだ死んだわけではないってことの証明でもある。そして、一番新鮮な、良いニュースといえばコレ。BMW 3シリーズやアウディ A4への対抗馬である、新型Cクラスが登場した。

スマートに見えるよね。グリルやフロントとリアのバンパーのような部分は、どのトリムレベルの仕様にするか、また、クロムメッキのアクセントを暗くする新しいナイトパッケージにチェックを入れるかどうかによって変わってくる。しかし、ボンネットの膨らみは新しいもので、すべてのトリムレベルに標準装備されているものだ。 メルセデスが言うには、サイドの横顔がすっきりしているので、ショルダーラインが強調されてるって。なんか、こっち側の人間のために考えられてる感じ。17インチから19インチのホイールオプションも豊富に用意されており、サルーンとエステートの両方が3月に発売される。

ファクト #1Cクラスのドイツ販売の2/3はエステート

スタイリングは現行のW205と劇的な違いはないかもしれないが、表面のスキンの下の変更点はかなり広範囲にわたっている。例えば、W206のホイールベースは25mm長くなり、すべてのエンジンが何らかの形で「電動化」され、プラグインハイブリッドが搭載され、航続距離は100kmに達するという。感動的じゃない?

ファクト #2クリスティアン フリューは2009年からCクラスのチーフ・エンジニアを務めている。以前はSLR マクラーレンのプロジェクトマネージャーを務めていた。スゴい経歴

これらのエンジンは、その後。メルセデスは、新しいCクラスのために6気筒ユニットを完全に落としている。なので、48Vのマイルドハイブリッド、ガソリンとディーゼルの両方のフレーバーでのみ、ターボチャージャー付きの4気筒だ。まだ英国にどのラインが来るのか確定することはできないが、フルラインアップは、現在のところ次のように予測している…。

1.5リッターガソリンエンジンは、C180とC200にそれぞれ168hpと201hpを供給する(後者は4輪駆動の4MATICにも対応)。C300とC300 4MATICには254hpを発揮する2.0リッターガソリンが搭載されており、どちらも0-100km/hスプリントを6.0秒で達成する。マイルドハイブリッドシステムはスタータージェネレーターに統合されており、基本的にスタート/ストップシステムの燃料節約能力を最大化させるが、ターボが回転している間に20hpのブーストを追加で供給できる。

唯一のディーゼルは2.0リッターターボで、メルセデス初のマイルドハイブリッドシステムとの組み合わせとなっている。C220dは197hp、C300dは261hpを発揮する。どちらも平均約18km/Lの燃費となり、300dは0-100km/hを5.7秒で走る。メルセデスの9速オートマチックギアボックスは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方に標準装備されている。以上。

前述のプラグインハイブリッドは、2.0リッター4気筒ガソリンエンジンに127hpの電気モーターと25.4kWhのバッテリーを組み合わせたもの。309hpと550Nmのトルクを併せ持つ、最もパワフルなCクラスとなる。オプションの55kW DC充電器を使えば、30分でバッテリーを満タンにすることができ、トランクの床がフラットになるようにパッケージングが改良されている。リアエアサスペンションはPHEVに標準装備されており、通常のバッテリーホールドとワンペダル駆動技術が全て搭載された形だ。

ファクト #3メルセデスは、ディーゼルプラグインハイブリッドのセダンとエステートが進行中と述べている

新型Cクラスには、メルセデスの超スマートな「デジタル ライト」がフロントに搭載され、低速域での旋回円を40cm以上小さくして高速走行時の安定性を高める後輪操舵が可能になるなど、注目すべきオプションがいくつか用意されている。

ぶっちゃけインテリアは、W206の中で最も物議を醸している部分だ。下のコメント欄で議論をお願いね。Cクラスは第2世代のMBUXを取得している10.25インチまたは12.3インチのドライバーディスプレイと9.5インチまたは11.9インチの中央タブレットのいずれかで完璧になる。しかし、Sクラスとは異なり、ダッシュボードと巨大な中央スクリーンは、ドライバーに向かってわずかに傾斜しているのだ。

どうやら、「ハイ、メルセデス」の音声アシスタントも「ますますシャープに」なっており、運転支援技術はSクラスと同等のものになっているようす。どうでしょう、インターネットのみなさん?

=海外の反応=
うわぁぁぁ!現行のCクラスを運転してるよ。運転中に何かを調整や変更するためのボタンやスイッチがどこにあるかは知っているけど、妻のスバルには音量や温度、ファンの回転数などのノブが付いていて、私のCクラスにある "カッコいい "小さなトグルよりもずっと使いやすいんだよ。だが、断言させてもらう、メルセデスは間違った方向に進んでる!これだと、何かを調整したり、変更したりするのが難しくなるんだよ!スクリーンはもういらない。私たちがチンプンカンプンなのは、きれいな画面がたくさんの素敵な色を持っているから。道路から目を離すと何もできなくなるので、実際に運転するのは危険だということは無視しておいて」
「AクラスのサルーンなのかCクラスなのかわからない。それともCLAか。どちらが間違っているかというと、Cクラスは”40度で洗って、絶対に乾燥機で乾かしてはいけない”と書いてあるにもかかわらず、乾燥機に行った後、Sクラスになっていたようだったから。

いまのところ、アウディが勝っているが、BMWがそのすぐ後ろにいる」
「私も同じことを考えていました。Aクラスの要素が多すぎて、全然上品じゃないよね。
あの内装はね、笑
その魅力は、見せびらかす人たちのためのものだと思います。
往年のCはメルセデスのハイクラス感のままで、あのデザインは本当に時代を超越していた」
「哀愁漂う魚のよう」
「内装は派手に見えるかもしれないし、ソーシャルメディアにもアピールできるかもしれないが、運転中に使うにはひどいものになるだろう。iPadを隣に置いて、運転中にすべての操作をすることを想像してみてほしい。新しいEクラスのタッチパッドのセットアップの方が、はるかに優れている。
さらに良いのは、BMW。BMWでは、インフォテインメントシステムの使用に回転ホイールを使用し、最も使用する機能にはダッシュボード上で手動で操作できるようにしていること。これが本来あるべき姿なのだ。
シートヒーターやエアコンコンなどの機能は、ボタンを押せばいいだけだということをメーカーが理解するのは、本当に難しいことなのでしょうか?設定を調整するために、いろいろなメニューを見て回ったり、スライドさせたりする必要はない。

そして、エクステリアに関しては、メルセデスは自分たちの一番安いクルマであるAクラスに、C、E、Sクラスモデルのデザイン言語を決定させることによって、本当に自分自身を演じていると思う。そして今では、3つのモデルとも、Aクラスのサルーンのように、ビジネス向けというよりは、エントリーレベルの未熟なデザインになってしまっている。もちろん、それは実際にはAクラスのサルーンよりもはるかに大きいわけではないので、このCクラスは特にひどく苦しんでいる」
「メルセデスがソーシャルディスタンスを置いているのを見るのは素晴らしいことだが、インテリアの一部をデザインした50人ほどの人々の誰もがお互いに話をしていないようだ」
「エクステリアは、現在のMBのテーマの中では論理的な進行のように見える…。
内装は、私には、派手で、安っぽくて、バラバラに見える。うん、いろんなレベルで!」

アーカイブ

subscribe RSS