イギリスで4台目のGRバッジ トヨタ C-HRにGRが仲間入り

インターネットでは、すでにさんざっぱらトヨタC-HR GR スポーツは紹介済み。だけど、今、GRバッジを装着したトヨタの英国で4台目のクルマが登場した。スープラ、カローラ、ラリーで活躍するヤリスと並んで、CH-Rも、GRバッジを装着することになったのだ。

でも、UKのみんなの頭が混乱してるかもしれない。その前に、彼らがどうして一対のリミテッドスリップデフと70:30のリアトルクバイアスを、分別のあるクロスオーバーの下には入れなかったのかを考えてみよう。「スポーツ」というキーワードに注目してみてほしい。このワードはカローラにも使われているが、Gazoo Racingで使われた場合は「より劣化している」という意味になるのだから。

てか、もっとストレートに言うと、「より狂っていない」という意味だということ。MスポーツがMシリーズにもあるように、これはトリムレベルの話だ。GR ヤリスなら、ネットニュースの見出しを踊らせることができるが、これはディーラーが亀が急ぐ速度で販売を上げていくためのものだ。

だから、中身は通常のハイブリッドタイプのC-HRであり、120hpの1.8リッターと181hpの2.0リッターが用意され、より興味深い美学がそれに向かって突っ込まれています。19インチの合金は、サイズのためか、ずんぐりしている。その印象は、ツートンカラーの配色と、コントラストの強い黒でペイントされた通常よりも大きなスポイラーのせいで、より目立ってしまっている。

車内には、お洒落なスポーツシート、オプションのアルカンターラ、そしてGRバッジを装着している。トヨタは、このC-HRを「トヨタ ガズーレーシングの国際ラリーや耐久レースでの世界選手権での成功にインスパイアされたもの」と主張しているが、この言葉が、どちらのレースでも結果を出すために必要な信頼性のレベルを指しているとすれば、おそらく嘘ではないだろう。

価格は1.8リッターの31,395ポンド(445万円)と2.0リッターの33,015ポンド(470万円)で、標準車の1,200ポンド(17万円)以上の価格が上昇する。あなたが主張の強いルックスと、GRのメイクアップは、特別な状況においては信頼性が低いことを好む場合は、おそらくバリューが悪いという話ではない。

だけど、もし完全なGR ヤリスの心臓移植をしたとしても、中途半端なスポーツSUV市場に旋風を巻き起こすことは無理っぽくない?

トップギアに寄せられたコメント:
「ホイールがかっこいいね。ただ、それだけだけど」
「今度はGRヤリスと同じ直列3気筒、AWD、6速マニュアルを搭載したGR C-HRのフルモデルチェンジがいいな」

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール