メルセデス・ベンツ GLCに46.8km電気走行できるプラグインハイブリッドモデルを追加

メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズ SUV「GLC」に、EQ POWER(プラグイン ハイブリッド)の四輪駆動モデル「GLC 350 e 4MATIC」の予約注文の受付が開始された。価格は899万円で、納車は4月以降を予定している。
GLCは、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を 備えるとともに、SUVならではの高いアイポイント、同セグメントでは低い重心による乗用車 のような乗り心地と、取り回しの良さを合わせ持つプレミアムミドルサイズSUV。2019年10月に登場した新型GLCは、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装 デザインを一新し、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを採用した。
今回追加する「GLC 350 e 4MATIC」は、最高出力211PS、最大トルク350 Nmを発生する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを採用している。先代よりリチウムイオンバッテリーの蓄電容量がアップしたことで、モーターアシストが向上し、システム総合の最高出力は320PS、 最大トルクが700Nmとなった。時速130kmまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することもできる。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は46.8kmを達成しているので、電気のみで日常使いができるという人も多数いるだろう。

ダイムラー社の完全子会社である「Deutsche ACCUMOTIVE」によって生産された13.5kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載される。小型化されたこのバッテリーは、複数のモデルに搭載することを前提として汎用性が高い設計がされている。

だが、とくにガソリン車からの乗り換えで気になるのが、ランニングコストの問題だ。今回は、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施し、短時間での充電ができるようになっている。
また、充電サービス「Mercedes me Charge」に、普通充電器(AC)が定額で利用できる「Mercedes me Charge AC」を新たに導入。月額基本料金3,000円(税込)を支払うことで、全国にあるNCS(合同会社日本充電サービス)加盟の普通充電器(AC)を無料で利用することができる。

このような電動化モデルを日本へ導入する際には、インフラの整備が伴うが、そのあたりもケアフルなのは、さすがメルセデス・ベンツである。

メルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC

アーカイブ

subscribe RSS