SUVのトップパフォーマンスモデル、メルセデス AMG GLE 63 S 4MATIC+ほか全3ライン発売

メルセデス SUV のトップパフォーマンスモデルである、「メルセデス AMG GLE 63 S 4MATIC+」 「メルセデス AMG GLE 63 S 4MATIC+クーペ」 「メルセデス AMG GLS 63 4MATIC+」が発売された。AMG 63モデルとして初めて48V電気システムと電気モーター(ISG)を搭載 し、「AMG 4MATIC+」や「AMG ACTIVE RIDE CONTROL」等の最新のAMG テクノロジーを採用したほか、最新の安全運転支援システムと対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備。「メルセデス AMG GLE 63 S 4MATIC+」 (左/右ハンドル)が1,958万円、「メルセデス AMG GLE 63 S 4MATIC+クーペ」(左ハンドル)が1,998万円、「メルセデス AMG GLS 63 4MATIC+」(左ハンドル)が2,183万円。
V8エンジン、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と48V電気システムを組み合わせ、さらに可変トルク配分を行う、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」や走行安定性を向上させる「AMG ACTIVE RIDE CONTROL」等の最新のAMGテクノロジーを採用するなど走行性能を追求する一方、MBUX、12.3インチのワイドディスプレイ及びコックピットディスプレイ、マルチビームLEDヘッドライト、温冷機能付カップホルダー、ワイヤレスチャージング、フットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)等の新たな機能装備も搭載している。

パワートレインはメルセデスAMG社が完全自社開発した、最高出力612PS、最大トルク850Nmを発揮するAMG 4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載される。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現した。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減している。
さらに、燃料を効率的に消費するために、「Comfort」モードで走行中、エンジン 回転数が1,000-3,250回転で低負荷の際に、2/3/5/8番の4気筒を休止することで燃料消費量とCO2排出量を抑えることができる「AMGシリンダーマネジメント」も搭載している。
2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとした。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現している。
ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21PS、 最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電している。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現。スターターが高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上した。
また、アイドリング時には、電気モーターの充電電流を調整することで、エンジン回転数を低回転で安定的に保つことを可能にし、効率性、快適性および静粛性に寄与している。さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行う。これによりシフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジが可能になっている。

デザイン面においても、今回新たに採用される縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルのほか、AMGレッドブレーキキャリパー、AMG スポーツエグゾーストシステム等のAMG 63モデル専用装備を備え、トップパフォーマンスモデルとしての存在感を高めている。

メルセデスAMG GLE

アーカイブ

subscribe RSS