MSOが手掛ける世界限定マクラーレン セナ LMが日本でもデリバリー開始

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が手掛けた世界限定「マクラーレン セナ LM」が日本でもデリバリー開始された。取り扱うのは、SKY GROUPの「マクラーレン麻布」だ。

マクラーレン セナ LMは、2018年にワールドプレミアした元F1ドライバーである故アイルトン・セナの名を冠したロードカー「マクラーレン セナ」をベースに、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が手掛けた軽量スポーツモデル。

マクラーレンの最上位に位置する“アルティメットシリーズ”に属する公道走行可能な高性能マシンで、4リッターV8ツインターボエンジンは「マクラーレン セナ」より25馬力アップの825馬力を誇る。

エクステリアは、フェンダールーバー、5スポークホイール、ビスポークリアグリル、そしてスポイラーからサイドシルにかけてグロスカーボン仕様になり軽量化にこだわった。

エンジン周りには24金のヒートシールドが特別整備されている。

マクラーレン セナ LMは、マクラーレン・テクノロジー・センターにて限定生産される。気になる人は、ぜひお問い合わせを。

マクラーレン

アーカイブ

subscribe RSS