ランボルギーニ ディアブロが発売から30周年、その2,903台の歴史を紐解く

スーパーカーの中でアイコニックなモデルとして挙げられるランボルギーニ ディアブロが1990年1月に発売されてから今年で30周年を迎えた。

1985年、日本はまだバブル前夜という時代にディアブロは生まれた。ランボルギーニのラインアップの頂点にあったカウンタックの後継モデルとなることを目指し、当初は「プロジェクト 132」というコードネームで呼ばれていた。無駄のないアグレッシブなラインは、マルチェロ ガンディー二によるプロジェクトに、当時アウトモビリ・ランボルギーニの主要株主となったクライスラーのデザインセンターが一部手を加えて生まれたものである。

最高速度325km/hを実現し、公式に世界最速市販車として認められていたディアブロはデビュー初日からファンの心をつかみ、高い評価を受けた。圧巻のパフォーマンスは、ラリーチャンピオン、サンドロ ムナーリの協力も得て行われた開発作業の賜物だ。

ディアブロはランボルギーニ伝統の12気筒エンジンを搭載し、縦置きミッドシップの5.7リッターエンジンは4本のオーバーヘッドカムシャフトと各気筒4本のバルブを備え、電子制御のマルチポイントインジェクションによりエンジン出力485hp、トルク580Nmを発揮。レザーのインテリアに、エアコン、パワーウィンド、パワーシートを完備した贅沢な仕立てでありながら後輪駆動のみのハードでピュアなモデルであり、電子的な運転支援機能やパワーステアリングは1993年まで装備されなかった。

1993年、ランボルギーニ初の4WDグランツーリズモとなるディアブロ VTが登場した。VTでは同時に数々の技術的な改良やスタイリングの変更も加えられ、その後2WDモデルにも採用された。1993年には、ランボルギーニ設立30周年を記念し、523hpに出力アップされたスペシャルエディションのSE30も発表された。1995年のジュネーブモーターショーでは、最高出力510hp、調整可能なリアウィング搭載の2WDモデル、ディアブロ SVがデビュー、同年12月にはディアブロ VT ロードスターがデビューした。12気筒エンジン搭載のランボルギーニ初の市販オープンカーで、ラインに若干の変更を加えた4WDモデルだ。

1999年、アウディ・グループによるアウトモビリ・ランボルギーニの買収後、ランボルギーニ初の社内デザイナー、ルク ドンカーヴォルケによる「スタイリング変更」が施された。VTとVT ロードスターの系譜をたどるSVは他の2モデルと同様に、変更されたラインやインテリアに現代的な気風を明確に感じさせる。
技術的には出力529hp、トルク605Nmとなったエンジンに可変バルブリフト機構を備えるほか、ランボルギーニとしては初めて、ブレーキにABSが装備された。

6.0リッターエンジン搭載のレース用の特別モデルシリーズも発売されたディアブロは合計2,903台が生産され、当時は生産台数の最も多いモデルで、後継のムルシエラゴが登場する2001年まで発売された。

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール