スバル WRX STIが西部警察ばりに川越え!ジムカーナ 2020

新作の「ジムカーナ 2020」が完成!なんと、冒頭、スバル WRX STIが西部警察ばりに川越えからスタートだ。トラヴィス パストラナにとってプレッシャーは大きかったに違いない。だってさ、ケン ブロックからバトンを受け取り、今では象徴的な、インターネットで話題のジムカーナシリーズの第11弾を制作することを想像してみてよ。彼は数十億回の再生回数を誇るだけでなく、世界的なパンデミックの影響で、インターネット上のすべてのものを見尽くそうとしている視聴者のおかげで、さらに増えてきているのだから。膨らませたクジラの格好をした男がティナ ターナーに合わせて踊る人から、日本の果てしない怪しさが好きな人まで、幅広い視聴者がいるだろう。

驚くことに、彼はそれをやってのけた。「脳内カラッポ」と「マジ全開」な素晴らしいレシピと 862hpの特注スバル インプレッサWRX STIのおかげ。

異国風なロケーションに進出し、街を完全にシャットダウンさせた他のジムカーナの作品とは異なり、トラヴィスの「アルティメット ホームタウン シュレッド」は彼のルーツに立ち返る。文字通りに。舞台は彼の故郷であるメリーランド州アナポリス。そして、ジムカーナシリーズを有名にしたクルマを使用している。もちろん、インプレッサのことだ。

「ずっと故郷のアナポリスのストリートを駆け抜けることを夢見てきたんだ」とトラビス パストラナは言う。「だからケンが次のジムカーナを作ると言ってくれた時、その場所でなければならないと思ったんだ。ケンと私は、ラリーやラリークロス選手権から卓球まで、何年にもわたって親しいライバルだった。しかし、ジムカーナを引き継ぐというのは、まったく別の挑戦だ。ケンが言うほど簡単なことではない」

地元のヒーローであるトラヴィスは、彼のためにスバルモータースポーツUSAとバーモントスポーツカーが作ってくれたボクサーエンジンのスキッドマシンに乗って、街をシャットダウンするために彼の権利を濫用したようだ。中には、スバルが市の埠頭やシガレットボートを横切って37m以上の高さから発射したり、究極のドリフトショットで車両を水に沈めそうになったり、幼少期に住んでいた家のすぐ近くのカントリーロードジャンプでインプレッサを時速240kmで発射したりしたことも含まれている。また、彼はレッドブルの友人たち、特にスタントプレーンやジャンプビルダーにも助けを求めた。最終的には、トラヴィスはワンオフのアクティブエアロターボで走り抜け、血管内に流れるエンスー因子が多すぎる幼児のようにハシゴして、ケンに真剣勝負を仕掛けるのだ。

こんな走りを見られるのは久しぶり。パストラナのスバルは、2.3リッターにパワーアップしたボクサーエンジンを搭載し、ビレットエンジンブロック、スバルラリークロスのクランクシャフト、ビレットヘッド、ツインタイミングベルトシステム、大容量ターボチャージャー、そしてエンジンベイから排出されるエキゾーストシステムを搭載している。トルクとパワーの塊で、地球上の他のクルマのような動きをさせることを可能にしている。さらに、YOKOHAMAもスポンサードしているので、かなり、日本仕様なツールなのである。

もしトラヴィスが相棒のケン ブロックと同等な仕事をしていないと疑っているなら、今すぐ下の再生をクリックすることをお勧めする。このビデオでは、センドの技術が再定義されています。ジムカーナ12では誰が運転すべきか?ケンに戻るか、それともトラヴィスか?

アーカイブ

subscribe RSS