日本にある朽ちた廃車墓地には、貴重なお宝がザックザク

例えば、屋根の上に放置されてあるNASCARを見てみよう(一度は豪華なハコスカ GT-Rに惚れ惚れしたことがあるはずだ)。これは、クリスマスツリーの頂点に立つような自動車のスターになるためにeBayで購入した、ただのボディシェルのシルエットではない。正真正銘のNASCARなのだ。
このクルマはアメリカから南日本のNASCARファンのもとへとやってきた。公道を走りたいという思いから、誰もがするように、1台を買ってまた別の1台を売りに出す。誰かの手元に渡ってショップの展示物となってしまう前に、そのクルマを公道用に登録し、あちこちドライブした。そうしたのちに現在の持ち主が購入し、今の位置に10年程置かれ続けている。しかしこれは文字通り何百台もあるクルマの1台に過ぎない。それでは、トップギアのショーの見どころを、次々とクリックしていただこう。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2020/11/26491/trackback

日本にある朽ちた廃車墓地には、貴重なお宝がザックザク」へのコメント

  1. ウサギと呼ばれる男2022年9月22日 9:25 PM

    19ページの80スープラが動かないなんて遠ても悲しいです。

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ