マセラティ、限定24台のギブリ ディーゼル ファイナル・エディションは160万円以上のオプションがついておトク

先日、華々しくMC20が発表されたマセラティだが、2021年以降の電動化への移行に伴い、ディーゼルモデルを2020年モデルで生産を終了する。このモデルの最終生産を記念し、マセラティ ジャパン株式会社は「ギブリ ディーゼル ファイナル・エディション」を24台限定で発売することになった。右ハンドルのみで950万円。

「ギブリ ディーゼル」は、CO2の排出消費量が最も少ないマセラティであるとともに、ギブリのエントリーモデルとして2016年に日本市場に導入された。
マセラティのV6ディーゼルエンジンは、従来のV6ガソリンエンジンが奏でる情熱的なサウンドと圧倒的なパフォーマンスがもたらすドライビングプレジャーをそのまま維持し、より環境にやさしいパワートレインとしてたくさんの支持を受けてきた。

今回発売される「ギブリ ディーゼル ファイナル・エディション」は、日本未導入のホイール「19インチ Proteo ホイール マット・ブラック&レッド」を装着、その他人気のオプション、合計約164万円分をパッケージにした、日本限定24台(外装色3色、各8台ずつ)の非常に希少な車両となる。

また、11月7日(土)、8日(日)の2日間にわたり、“MASERATI Ghibli Diesel Final Edition Open Door Weekend”として、全国のマセラティ正規ディーラーショールームにて展示会が開催される。
※一部店舗においては展示がない場合があるので、問い合わせを。

特別装備内容
- 19インチ プロテオ ホイール マットブラック&レッド
- メタリック・ペイント
- レッド・キャリパー
- エクステンド・レザー
- シフト・パドル
- フル・アダプティブLEDヘッドランプ
- ソフト・ドア・クロージャー
- ツーリング・パッケージ
- 電動ステアリング・ホイール
- ドライバー・アシスタンス・パッケージ
- ネリッシモ・パッケージ
合計 約1,640,000円相当

外装色
- グリジオ
- グリジオ マラテア
- ネロ リベーレ

https://www.maserati.com/jp/ja




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール