815PSのマクラーレン エルバをF1ドライバーのランド ノリスが駆る

マクラーレン・レーシングのFormula 1ドライバー、ランド ノリスが、イギリスGPのホームであるシルバーストンで、新モデルマクラーレン エルバのステアリングを握り、動画を披露した。エルバはテスト・開発プログラムの最終段階に達しており、最初のデリバリーを2020年中に控えている。

アルティメットシリーズ最新モデルであるエルバは、ドライビングのスリルを最もダイレクトに味わえるマシンだ。マクラーレン史上最も軽量で、最高出力815PSのツインターボV8エンジンによる猛烈な加速力だけでなく、自在に操ることのできる類稀なハンドリング性能も装備している。またドライビングエクスペリエンスをより一層高めてくれるのが、革新的なアクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)。シームレスに融合したコクピットをバーチャルキャノピーで包み込み、繊細に調整されたエグゾーストが放つ感動的なサウンドも相まって、まるで五感が増幅されるような感覚を呼び起こしてくれる。
エルバのテスト・開発プログラムは、マクラーレン・オートモーティブのチーフ・テストドライバー、ケニー ブラックが指揮しており、マクラーレン・オートモーティブ史上、最も胸躍るモデルにエルバを磨き上げたのも、彼のチームだ。ケニーはグッドウッド・スピードウィーク期間中に、グッドウッド・モーター・サーキットをエルバで走行し、その特徴を鮮明に述べている。

https://cars.mclaren.com/jp-ja

■エルバを運転するランドのステアリングさばき

■テストドライバー、ケニーのラップ




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール