トヨタ GRヤリスとGRスープラがグッドウッドで勇姿を見せた

最近では、トップギアの特集「スピードウィーク」での動画配信を行ってきたが、今度は、グッドウッドでの「スピードウィーク」でのお話だ。そこで、トヨタ GRヤリスとGRスープラが勇姿を見せてくれたのである。
毎年7月頃に、世界各国から多くのモータースポーツファン、新旧の名車、トップドライバーが集まるモータースポーツの祭典として知られている「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(Goodwood Festival of Speed、GFoS)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年以降に延期となった。その代わりに今年は、「グッドウッド スピードウィーク」として無観客イベントが開催され、その模様がオンラインで公開された。TGRは、2009年にGFoSに参加し、以降はこの自動車文化を支える、伝統的なイベントに毎年参加している、常連なのである。

10月16日(金)から18日(日)にわたって開催されたラリーステージでは、新型車GRヤリスがゼロカーとして登場した。さらにモーターサーキットの特設ステージで、GRヤリスの走行を披露した。GRヤリスは、TOYOTA GAZOO Racing WRT (World Rally Team)に学んだ「WRCで競争力あるクルマづくり」や、開発初期からプロドライバーによる評価を取り入れたことによって、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ「誰もが安心して意のままに運転できる」クルマとして誕生した。マスタードライバーであるモリゾウこと社長の豊田章男の「トヨタのスポーツカーを取り戻したい」という想いのもと、「モータースポーツ用の車両を市販化する」、という逆転の発想で開発したトヨタ自動車初となるモデルだ。今回、GRヤリス開発にも協力した2019年TGR WRTヤリ-マティ ラトバラとクリス ミーク、そして、2020年TGR WRTで参戦中のエルフィン エヴァンスが、ドライバーとしてGRヤリスを運転した。
その他、昨年のGFoSに引き続きGRスープラの特別限定車も走行を披露した。

今回のイベントでは、マスタードライバーのモリゾウが動画で出演し、モータースポーツそしてGRヤリス開発への想いと、GRヤリス同乗体験を映像でお届けしました。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール