ホンダ シビック タイプ Rがよりサーキット志向になって475.2万円で発売

ホンダはシビック タイプ Rをマイナーモデルチェンジし、10月9日(金)に発売するとともに、国内200台限定販売となる「CIVIC TYPE R Limited Edition(シビック タイプアール リミテッド・エディション)」を11月30日(月)に発売する。価格は、タイプ Rが475.2万円、リミテッドエディションが550万円。
2017年の発売以降、トップギアのアワード三冠をはじめ、各賞を総なめにしてきたシビック タイプ Rだが、今回のモデルチェンジでは、立ち止まらずに進化を続けるという想いのもと、前後バンパーをよりスポーティーさを際立たせたデザインにするとともに、エンジンの冷却性能を向上させるなど、サーキット走行性能をさらに追求。また、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング)」を装備し、「操る喜び」と「安心してどこまでも走り続けたくなる性能」を両立させ、より一層魅力を高めた。
また、TYPE Rの起源に立ち返り、軽さと速さを研ぎ澄ましたシビック タイプ R リミテッドエディションを設定。車体の軽量化や専用装備によりピュアスポーツ性能をさらに追及した。
シビック TYPE R リミテッドエディションは、国内200台限定で販売され、詳細に関しては、以下URLでご確認を。
https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

今回のマイナーチェンジで、変更点は大きく3つ。1つ目は、サーキット性能の進化だ。フロントグリルの開口面積を従来のモデルから大きくすることによる冷却性能の向上と、フロントバンパースポイラーの形状変更などで従来モデル以上のダウンフォースレベルを実現。また、2ピースフローティングディスクブレーキを採用することで、サーキット走行時のブレーキフィールを向上させました。これにより、安定したブレーキフィールを実現するとともに、バネ下の重量低減にも貢献している。
2つ目は、ダイレクト感の進化。アダプティブ・ダンパー・システム制御や、サスペンションブッシュ・ボールジョイントなどのきめ細やかなサスペンションのアップデートを行った。これにより、コーナーアプローチからコーナーを抜けるまでの一連のハンドリング性能や、荒れた路面における接地性・制振性がさらに進化。街乗りから高速クルージング・ワインディングやサーキット走行までのあらゆるシーンで、さらなる一体感とダイレクト感を実現した。
最後がドライビング空間の進化。ステアリングの表皮にアルカンターラを採用し、握りの質感とフィット感を向上させ、車両の挙動をよりダイレクトに感じられるようにした。またシフトノブをティアドロップ形状に変更することにより、ノブの傾きの優れた認識性と操作精度を実現し、ドライバーと車両の一体感をさらに進化させた。

シビック タイプ R リミテッドエディションの方は、徹底した軽量化と専用装備によりピュアスポーツ性能をさらに向上。また初代シビック TYPE Rを想起させるサンライトイエローⅡを専用色に設定し、歴史と進化を感じる究極の“操る喜び”を目指した。
Limited Edition専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールを採用し、バネ下重量を軽量化、サーキットパフォーマンスに優れたハイグリップ20インチ専用タイヤ(ミシュラン パイロットスポーツ Cup2)を適用、アダプティブ・ダンパー・システムとEPSの専用セッティングなどが具体的な違いである。
ボディカラーは、シビック タイプ Rが、次の5色。チャンピオンシップホワイト/ポリッシュドメタル・メタリック(新色)/クリスタルブラック・パール/フレームレッド/レーシングブルー・パール(新色)。
シビック タイプ R リミテッドエディションは、サンライトイエローⅡのみとなる。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール