ホンダ シビック タイプ R リミテッドエディションに速攻試乗

日本国内で200台限定で販売される、ホンダ シビック タイプ R リミテッドエディション。日本ではそろそろWebで抽選申し込みが開始される。タイプ Rのヘリテージカラー「サンライトイエロー」が眩しいこのクルマに、イギリスで試乗をしてきた。あいにく、雨だったけどね…。なお、日本仕様のシリアルナンバーは「JPN-001~JPN-200」と刻印される。

こんな色のシビックを見たことがあるだろうか…
もしあなたが持っているというのなら、20年前にEK9シビックタイプRに設定されていた。だが、イギリスでは、少なくとも公式にはなかったのである。
そのトレードマークであるサンライトイエローは、このFK8 シビック タイプ Rの新しい限定車の唯一のオプションだ。幸いにも、ホンダのホットハッチバックの第5世代の別名は、イギリスで取得されたものなのだ。

何が特別なの?塗装とプレート?
まあ、そうだ。そして、それ以上のものはない。これはホンダがルノー・スポールを演じているようなもので、荘厳なメガーヌR26.Rの登場以来、特別なゲームといっていい。5,000ポンド(70万円)くらい価格を上げながら、47kgもスリムになったシビックを見ているんだね。
ちょっと息をのむような、39,995ポンド(550万円)のコストがかかるが、決して的外れといった金額ではない。ヨーロッパに導入される100台の限定車のうち、英国では20台を取得し(日本は200台!)、そのすべてが発表されてから1時間以内に完売された。ボディカラーだけでなく、ルーフ、ドアミラー、エアインテークにブラックの専用塗装を施された。

何者かがロックダウン中に体重を落とした
そう、ルノーの「ニュルを叩きのめすメガーヌ トロフィー R」と比較しても、47kgは比較的小さな節約だ。窓はすべてガラスのままで、リアシートは残っており、カーボンホイールもブレーキもない。0-100km/hのタイムは5.8秒、最高速度は272km/hと、標準と変わらない。
軽量化の内訳はこんな感じだ。サウンドデッドニングの低減(-14.3kg)、エアコンの廃止(-10.4kg)、ミシュランカップ2タイヤを装着した20インチBBS鍛造アロイ(-10kg)、パーセルシェルフなかの棚類や(-6.9kg)、ステレオやタッチスクリーンユニットの廃止(-5.4kg)など。諸々のスペックの違いがダイエットの分かれ目となっている。後者は特に気になるところだが、ホンダのオタク的なデータロガーを取っていないのは、2020年モデルのタイプ Rだけなのだが、それこそドライバーが最も欲しがる要素なのかもしれないということだ。結局のところ、リミテッドエディションは、記録を更新し続けている。

その他の変更点は?
リミテッドエディションは、タイプ Rシリーズ全体の中間地点のアップデートに合わせて発売されるため、サスペンションの微調整(一部はBBS/カップ2のセットアップに合わせたもの)、新しい2ピースディスクによるブレーキ性能の向上、サンライトイエローシビックを含む往年のタイプ Rを彷彿とさせるティアドロップ型のノブを採用した、より満足度の高いマニュアルギアシフトが採用されている。また、ステアリングホイールのリムにはブラックとレッドのアルカンターラを採用した。

どんな感じ?イッちゃってる?
短いドライブだったが、その通り。そして、その多くはカップ2のおかげだと言い切ることに、賭けてもいいと思うよ。走りとしては、ク●ったれな雨の中の、タイトでテクニカルなグレート・チュー・サーキットを、12周しただけだったが、タイプ Rの粘り強いブレーキングとコーナー進入時のフロントエンドの鋭さに魅了された。しかし、あまりにもアグレッシブになりすぎると、スタンダードのFK8ではほとんど見られないオーバーステアになってしまい、リミテッドエディションを、このような泥まみれのコンディションでスムーズに走らせるには、コーナーへのラインを広く取り、少し遅れてコーナーに入ることで、一瞬でもブレーキとステアリングが重ならないようにスピードを削る必要があった。
それなのに…、その滑らかさを犠牲にして、このシビックは何と滑稽なほどクレイジーな手に負えない動きをしていたのだろう。確かに、過去に乗った標準的なFK8にはなかった感覚でリアエンドが離れてブツギリのようになってしまった。だが、タイプ Rのコミュニケーションの豊かさは、ステアリングホイールとブレーキペダルからのフィードバックがモータースポーツ用の911に匹敵するほどで、悪天候の中でもクルマの動きを隅々まで把握することができたのである。じつは、歯を食いしばることなく、スライドのたびにニヤニヤしていたんだ。

普通に運転したら、どんな感じなんだろう?
まだリミテッドエディションを公道や乾燥した路面環境で運転したことはないが、通常のタイプ Rよりも驚くほどしなやかな乗り心地になると思う。通常のタイプ Rのしなやかさを持ちながら、太陽の光が降り注ぐB級の道路では、さらに冷静沈着なグリップ力を発揮するだろう。いつしか、ドライバーは、壮大な気分になるはずだ。
しかし、標準車よりも優れたロードカーになるとは思えない。エアコン、ステレオ、ナビを無くしてしまったことは、このクルマの使い勝手に傷をつけることになる。かなりね。それなのに、リアシートは残っているし。個人的には、もっと軽量化して、このクルマを運転する「特別な日」の雰囲気をもっと目に見える形で味わえるようにしてほしいと思っている。というのも、このままでは、通常のタイプ Rにカップ2を装着しても、大体同じような体験ができるだろうし、気候やオーディオ設備はそのままに、ドライブを楽しむことができるからだ。
どうでもいいことかもしれないが、ルノーの52,000ポンド(710万円)のメガーヌ トロフィー Rよりも希少で、1時間で完売してしまったのだから、このクルマを欲しいと思っている誰もがリミテッドエディションを手にしてがっかりすることはないだろう。

スコア:9/10




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール