マクラーレン、HVから100%EVまで対応可能な新アーキテクチャーを発表

マクラーレン・オートモーティブのマイク フルーウィット CEO が次世代電動スーパーカーのベースとなるフレキシブルで軽量な最新アーキテクチャーの導入を発表した。この新しいアーキテクチャをベースとする最初のマクラーレン新ハイブリッドスーパーカーは2021年に発表予定だ。さらに、100%EVのスーパーカーが誕生する可能性も出てきている。
新しいアーキテクチャは新たなハイブリッドパワートレイン搭載のため特別に設計されたものだ。設計開発製造は全てイギリスのシェフィールドに5000万ポンド(70億円)を投じて建設した最先端のマクラーレン・コンポジット・テクノロジーセンター(MCTC)で行われている。
このフレキシブルな新しいアーキテクチャーは世界初の革新的な工法と技術を駆使し車両全体の重量を削減しつつ安全性をさらに向上させている。次世代ハイブリッドモデルのベースとし、マクラーレンはスーパーカーメーカーとして量産モデルの生産において、次なる10年の扉を開けることになる。
「10年前に初めて量産モデルの生産に乗り出した時私たちは最初のモデルである12 C にモノセル・シャシーを導入しましたが、この画期的なアーキテクチャーはそれに完全に筆記匹敵する革命的なものです。
この新たな超軽量カーボンファイバー写真はより高い構造的な完全性とかつてないレベルの品質を誇ります。また私たちの新施設であるMCTCはその卓越した複合素材の科学技術と製造において世界的に注目されるでしょう。
私たちには、こうした軽量な複合素材の工程・清掃に関する先進的な専門知識に加え、最先端のバッテリー技術とハイパフォーマンス・ハイブリッド推進システムに関する豊富な経験があります。したがってこれまでは到底なしえなかったレベルでの電動ハイパフォーマンスカーをお客様に提供できる理想的な立場にあると言えるでしょう」マクラーレンオートモーティブ CEO のマイク フルーウィットはコメントした。
また「軽量化と電動化は車両の効率性は勿論パフォーマンスの向上を成し遂げる上で、密接に関連していると考えています」と語り、マクラーレンは新アーキテクチャによって100%電動のスーパーカーに移行することが可能になると、マイク フルーウィット CEO は明言した。今後の展開に期待が寄せられる。

https://cars.mclaren.com/jp-ja

 




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール