アバルト 595 SSへのオマージュ 305台の限定車「595 / 595C esseesse」発売

Abarth(アバルト)のスポーツハッチバック/カブリオレ「595」シリーズに、往年の高性能モデル「595 SS」にオマージュを捧げる限定車「595 / 595C esseesse(エッセエッセ)」を設定し、2020年9月19日(土)より計305台限定で販売する。価格は、595 エッセエッセが4,030,000円(MT110台)/4,200,000円(MTA60台)、595C エッセエッセは4,260,000円(MT90台)/4,430,000円(MTA45台)だ。

「595 / 595C エッセエッセ」は、1963年に登場した595シリーズの原型である「フィアット・アバルト 595」に、さらなるチューンを施した「フィアット・アバルト 595 SS」を由来とする限定車だ。車名の「esseesse(エッセエッセ)」は、「SS」をイタリア語読みしたもので、その名が示す通り、往年の「595 SS」同様、スポーツ性を高める排気系チューンやボディサイドのストライプを始めとする数々の専用アイテムが与えられており、ファン心をくすぐる仕様となっている。

限定車のベースとなったのは、最高出力180psを誇る「595 Competizione(コンペティツィオーネ)」で、これにアクラポビッチ社製のエキゾーストシステムを搭載。ベース車に標準装備されるレコードモンツァとはひと味違った排気音を特徴としている。またボディカラーには、「595 SS」を彷彿とさせるGrigio Campovolo(グレー)を採用。これにホワイト仕上げの17インチアルミホイールやサイドストライプなど、現代風のアレンジが加えられている。

インテリアには、限定車専用に赤いステッチが施されたSabelt製スポーツシートや専用カーボンインストルメントパネルを装備し、レースモデルをイメージさせる仕立てとなっている。

また、ハッチバックに加え、通常はベース車には設定のないカブリオレも用意。トランスミッションもATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッション(MT)の2種類を用意しており、好みの組み合わせが可能だ。なおステアリングは、全車右ハンドル仕様。

https://www.abarth.jp/limited/595-esseesse/




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール