マクラーレンの早期英才教育には電動のセナ ‘ライドオン’


「パパ、大きくなったら本物のマクラーレンに乗るんだ!」なんていうやり取りが聞こえてきそうだ。 昨年のマクラーレン720 S ’ライドオン’に続いて今回新たに登場したマクラーレン セナ ’ライドオン’はよりサーキット施工の電動モデルとなっている。
モデルとなったマクラーレン セナは、マクラーレン史上最も突き詰めたサーキット専用モデルでありその比類なきパフォーマンスはマクラーレンで3度フォーミュラ1チャンピオンに輝いたアイルトンセナの名を冠していることにも表れている。
このマクラーレン セナ ’ライドオン’ はマクラーレン正規販売代理店のみで取り扱う限定カラー、「ボルケーノ イエロー」となっており、アイルトンセナのレースヘルメット思わせるイエローにグリーンのアクセントが入ったカラーリングをレーシングドライバーを目指すキッズ向けに用意した。日本でも現代現在オーダーを受付中で、価格は105,000円(税抜)となっている。
マクラーレン セナ ’ライドオン’ の対象年齢は3-6歳だが、マクラーレンのフォーミュラワンドライバーであるランド ノリスは自身の体を押し込みテスト走行を敢行。その走りに満足していた。
マクラーレン セナ ’ライドオン’は好評を博した昨年の720 S ’ライドオン’ の機能を全て装備している。上下に開閉するディヘドラルドアは乗降も楽だ。本物と同じプッシュ式のスタートボタンを押せば、マクラーレン セナのエンジンサウンドが響き渡るという本格派。またインフォテイメントシステムを使えば、音楽を聴きながらドライブも楽しめ、USB メモリーや SD カードのファイルにもアクセスができる。
正確なハンドリングのため、きちんと作動するブレーキと光るブレーキランプも搭載されている。当然ながら性能は本物に比べて限定されているが、マクラーレン セナ ’ライドオン’はクルマ好きの男の子にとってウィッシュリストに入るべき乗用玩具だ。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール