ガルフがマクラーレンと提携、栄光のガルフカラー復活のプログラムも


マクラーレンと Gulf Oil International Limited が長期にわたる戦略的パートナーシップ締結を発表した。このパートナーシップによって2021年からガルフはマクラーレンオートモーティブが推奨するオイルサプライヤーとなり、高性能エンジンに最適化されたガルフのオイルと燃料が全てのマシンに充填されることになる。世界中で開催されるマクラーレン・オートモーティブのカスタマーイベント「ピュア」においても販売店やチームキットにがりなどが表示される。
また限られた顧客に対して、自身のマクラーレンスーパーカーを、自社のビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ によるハンドペイントで、1990年代に名を馳せた F1 GTR ル・マンカーを再現したガルフカラーにすることも可能となっている。
実はマクラーレンとガルフの関係は1968年に始まり、1973年シーズン末まで続いた。 この間に他の人マクラーレンはフォーミュラ1とカンナムシリーズで成功を収め、40以上のレースで勝利した。その後1990年代のル・マン24時間でパートナーシップを復活し、マクラーレン F1 GTRが90年代までガルフカラーで走行していた。
今回のパートナーシップの再開にあたり、ガルフブランドは、7月31日(金)から8月2日(日)に開催される2020年イギリスグランプリを皮切りにマクラーレン フォーミュラ1チームに取り入れられる。ドライバーのランド ノリスとカルロス サインツをはじめ、ピットクルーを含むマクラーレンのスタッフが2020年フォーミュラ1シーズンを通してガルフのロゴを身にまとい、マクラーレンのフォーミュラ1マシンMCL35のエンジンカバーのミラーにもそのロゴがあしらわれる。
マクラーレンオートモーティブ CEO のマイク フルウィット氏は次のようにコメントを寄せた。
「ガルフを再び迎えられるのは、素晴らしいことです。ガルフとはマクラーレンの数多くのロードかやレーシングカーを何年も飾った長い歴史的な関係があります。マクラーレンにはトップクラスのパートナーと育んできた豊かな歴史があり、再びガルフとの提携を継続できることを嬉しく思います。マクラーレン同様、ガルフにもまた卓越した技術力、イノベーション、そしてレースやドライビングの興奮というキーワードがふさわしいです。
全てのスーパーカーガルフの燃料とオイルを搭載してマクラーレン・プロダクション・センターから旅立つことになります。社内のビスポークチームとともにご自身のマクラーレンスーパーカーをアイコニックなガルフカラーにカスタマイズできるという数少ないお一人となる選択肢にきっとお客様は興奮されるでしょう」
ガルフ・オイル CEO のマイクジョーンズ氏は「これはガルフブランドを一流のモータースポーツに復帰させる大変エキサイティングなパートナーシップです。歴史を紐解けば、ガルフとマクラーレンの特筆すべき実績で溢れています。そして今は、この比類なきパートナーシップの次章を記すため、私たちは再び手を組みました。
公道とサーキットの双方において、将来の目標やイノベーションへの野心を共有するブランドと連携できることに誇りに思います。力を合わせガルフとマクラーレンのトップクラスの能力をさらに向上させることを楽しみにしています」と伝えた。
マクラーレン・レーシングCEOのザック ブラウン氏は次のように述べている。
「エキサイティングなパートナーシップとなるガルフをマクラーレンに迎え、再びこの2つのアイコニックなブランドのタッグが実現することを嬉しく思います。ガルフはマクラーレンの歴史の一部です。そのイノベーションや卓越した技術力は業界でも広く知られており、マクラーレンと完璧に相応します。今シーズンからパートナーシップをスタートできるのを楽しみにしています」




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール