ベントレーのSUV、新型ベンテイガのインテリアは広々室内と最新機器が魅力


先日、発表されたばかりのベントレーの新型ベンテイガ。購入検討している人にとって、悩みどころはインテリアについてだろう。もっとも、ベンテイガの場合、選択肢が多すぎて悩む、という贅沢な悩みではあるが…。ベンテイガは、SUVということもあり、ベントレーの市販車の中で最も幅広い使用目的が想定され、なかでも4人乗りコンフォート仕様は、SUVのリムジンとしてのベンテイガの能力を前面に押し出している存在だ。新型ベンテイガのインテリアは、4人乗り仕様に加え、5人乗り仕様と7人乗り仕様のオプションが設定されており、あらゆる家族の使用目的に応えられるようになる。
5台に1台(4,000台)が4人乗り仕様であった先代の成功を受けて、キャビンとトランクエリアを隔てるバックボードの位置を変更するなど、後席の足元空間を改善し、運転手の運転操作性を向上させている。後席の最大リクライニング角を32°から40°に拡大し、前後移動量を35mm拡大した。この組み合わせにより、リクライニング時のニールームが100mm向上し、ラグジュアリーな旅をより快適なものにしている。
新型ベンテイガのシートはすべて一新され、特にショルダー部を中心に彫刻的な形状となり、業界が認めたシートの快適性の基準をさらに上回るものとなっている。
4人乗りコンフォート仕様では、シートベンチレーション(標準装備のシートヒーターに加え)、6種類のマッサージプログラム、コンフォートヘッドレストなど、後部座席の内容をさらに充実させることができる。4人乗りコンフォート仕様では、750mlのボトルを収納できるドリンククーラーと、カンブリア・クリスタル・フルート2本を収納できるマリナー・コンソール・ボトルクーラーも選ぶことが可能だ。
2つのリアシートの間には、リアセンターコンソールがあり、さらに収納スペースと2つのUSB充電ソケットを備えている。美しいレザートリムのバックボードにはダイヤモンドキルトのスキーハッチが付いており、キャビンとトランクスペースを分けている。
後部座席の乗員は、新型ベンテイガのアップグレードされた技術で、新型フライングスパーと同様の大型タッチスクリーン・リモート・コントロール・タブレットを使用して、追加のシート機能を利用できる。5インチのディスプレイは、より現代的なグラフィックを採用し、オンボードのクアッドコア・プロセッサーと1GBのRAMを搭載することで処理能力を高めた。後部座席の暖房やマッサージ、メディアシステムやナビゲーション、ムード照明、電動窓やサンルーフのブラインドなど、さまざまな機能を制御することができる。




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール