アバルト 595/595Cに’ピスタ’を冠する240台の限定車

アバルトの高性能ハッチバック/カブリオレ「595 / 595C」に、通常は設定のないボディカラーや、出力を向上したエンジン、走りの楽しみを広げるパフォーマンスパーツを採用した限定車「595 / 595C ピスタ」を240台設定し、2020年5月16日(土)より販売する。価格は、595 ピスタが280,000円(MT)<95台>/3,450,000円(MTA)<51台>、595C ピスタは3,610,000円(MT)<61台>/3,780,000円(MTA)<33台>。
イタリア語で“レーストラック”を意味する「ピスタ」(同じくイタリアのハイパフォーマンスブランドにも同じ名前があったねぇ、確か馬がハネてるロゴの…)という車名が示すとおり、数々のスポーティな装備によりパフォーマンスを高めたモデルとなっている。また、ボディカラーには通常は設定のない「Blu Podio」(ブルー)を採用し、さらにリップスポイラー、ブレーキキャリパー、ドアミラーカバー、リアディフューザーにはイエローのアクセントカラーがあしらわれている。
限定車のベースとなったのは「595」、ならびに国内未導入の「595C」で、これにベース車比で20ps増となる、最高出力165psの1.4リッター ターボエンジンを搭載。さらにハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を標準装備している。また、リアサスペンションにはKONI製FSDショックアブソーバーを搭載し、シャシーも強化されている。
装備については、マットブラック仕上げの17インチアルミホイールを装備するほか、フルオートエアコン(ダストポーレンフィルター付)やリアプライバシーガラスを特別装備し、スポーティなルックスと共に快適性が引き上げられている。
また当限定車では、ハッチバックとカブリオレの2種類のボディタイプが選択できることに加え、トランスミッションもATモード付5色シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5速マニュアルトランスミッション(MT)を用意。通常は設定のないカブリオレ+MTの組み合わせも可能となっており、お好みのスタイルでスポーティな走りが楽しめる。
気になる人はお早めに問い合わせしよう。
https://www.abarth.jp/limited/595-pista/




アーカイブ

subscribe RSS
マウスコンピューター期間限定セール