マセラティ 新型スーパースポーツカーMC20でレース界に復帰

2020年5月末にモデナで公開

マセラティは待望の新しいスーパースポーツカーのモデル名が「MC20」であると発表した。
このモデルはモデナのマセラティ・イノベーション・ラボで開発、歴史的なヴィアーレ・チロ・メノッティの工場で生産され、2020年5月末にモデナで公開される。

MC20という名前についてだが、「MC」はマセラティ コルセを、「20」はマセラティにとって新たな時代の幕開けとなる2020年を意味しており、それは、紛れもないスポーツカーモデルであるということだ。
マセラティにとって初めてトライデントロゴを冠したモデルは、1926年に誕生したTipo 26であった。そしてマセラティの新時代初となるこのモデルもまた同様に、生産年である2020年をモデル名に含んでいる。

MC20は、2004年にマセラティが37年ぶりにレース界へ復帰を果たしたMC12の進化形でもある。MC12はスパ24時間耐久レースでの3度の勝利を始め22のレースを制し、FIA GT選手権においては2004年から2010年にかけてコンストラクターズチャンピオン、ドライバーズチャンピオン、そしてチームチャンピオンの計14のタイトルを手にした。

そしてマセラティは再びMC20とともにレース界へと復帰する。また、このモデルは、最新設備とともに改修されたモデナ工場で生産される。モデナ工場は、今後電動パワートレイン設備や環境に配慮した革新的なペイントショップを備えたものとなる予定だ。




アーカイブ

subscribe RSS