メルセデスでルイス ハミルトンの後任は誰になる?トップギア独自のオッズで予想

2025年にフェラーリに移籍するルイス ハミルトンのメルセデスでのシートは誰が引き継ぐのがふさわしいのか、トップギアの独自オッズで予想してみよう。

カルロス サインツ[25%]*


目立った有力候補がいない中、2025年のルイスの空席を狙うのはスペイン人のサインツだ。サインツはグランプリ優勝2回、ポールポジション5回と非常に安定した成績を残している。そして、ポイントは賞金を意味することも覚えておきたい。また、エリートレベルのドライバーではないが、ジョージ ラッセルを正直にさせるチームメイトとしては非常に有能だろう。その上、ハミルトンのせいで彼は来年仕事を失うのだから、彼が最初に権利を得るのは当然だろう?

*このTGオッズは、トップギアオリジナルのもので、実際のベッティングオッズを表したものじゃない。ギャンブルはほどほどにね!

アレックス アルボン[22%]


このタイ人ドライバーは注目すべき存在だ。確かにレッドブル時代は大失敗に終わったが、それはマックス フェルスタッペンとガレージを共にしたほぼすべてのドライバーに当てはまることである。27歳の彼はウィリアムズで一連の素晴らしいドライブを経験し、キャリア(そして評判)を静かに立て直してきた。 数シーズン前にレッドブルから声がかかったときよりも、より多くの経験を積んだ今季のほうが、大舞台に立つ準備ははるかに整っている。

ダニエル リカルド[10%]

2022年末にマクラーレンを事実上解雇され、ダニー リックのF1キャリアは終わったかに見えた。その後、昨シーズン中盤にアルファタウリ(ご存知、長くて複雑な新名称を持つチーム)でセンセーショナルな復帰を果たし、そのパフォーマンスで世界を熱狂させたわけではなかったが、私たちは彼の魅力がまだどこかに隠れていると確信するに十分なものを見た。メルセデスへの移籍は、私たちが必要としている贖罪の物語なのだ。

バルテリ ボッタス[5%]


セルジオ ペレスがレッドブルでフェルスタッペンにどれだけ苦戦したかを考えると、メルセデスでの5年間、ボッタスがどれだけ優秀だったかを思い知らされる。ボッタスは常に予選で上位に食い込み、メルセデスのライバルたちからポイントを奪い、ルイスがいないときには優勝も経験している。史上最も速いドライバーの1人を相手にした努力は悪くない。そして、彼はどんな感謝を受けたのだろうか?一連の1年契約だ。トト、今こそ事態を収拾するときだ。ボッタスを戻すキャンペーンを始めよう。

フェルナンド アロンソ[3%]


彼を無視することはできなかったんだ。アロンソは年金受給年齢に近づいているかもしれないが、ドライバーとしての狡猾さはまったく失われていないことを昨シーズン証明した。復活を遂げたアストンマーティンで何度か表彰台に上ったこと(そしてブラジルでの壮絶なディフェンシブドライブ)がそれを証明している。ルイスの存在によってメルセデスへの移籍が事実上阻止されてきたスペイン人ドライバー(かつてチームメートだったが、うまくいかなかったことを思い出してほしい)だが、ハミルトンがフェラーリに移籍した今、ようやく視界が開けた。それに彼はラッセルと良好な関係を築いているので、少なくとも1週間は内部でドラマが起こることはないだろう。これは最初からエルプランだったんだよ。

ランド ノリス[2.5%]


ノリスが今どんな気持ちか想像できる?トップチームに空席がなく、あと数年は今の場所にとどまるために新しい契約にサインする…そしてその6日後に、大混乱が起こる。かわいそうな人は、自分を責めているに違いない。しかし、契約には解約条項のようなものは存在し、彼の契約にもそれがあるかもしれない。そして、もしメルセデスが高評価のドライバーをどうしても欲しければ、マクラーレンに大金を投じてそうさせるかもしれない。もっと奇妙なことが起きている。昨日もそうだったし。

シャルル ルクレール[2%]


シャルル ルクレールもフェラーリとの長期契約にペンを走らせ、その1週間後にはF1史上最も成功したドライバーとあの有名な赤いマシンを共有することになったのだ。幸運を祈る。トト ヴォルフは、もしハミルトンがメルセデスを去るようなことがあれば、ルクレールを獲得すると公言している。彼がその説にどれだけ固執しているかは、すぐにわかるだろう。

セバスチャン ベッテル[1%]


完璧だろう?ハミルトンは常にベッテルがF1に戻ってくるだろうと語っていたが、まさに今、ベッテルにその絶好のチャンスが巡ってきた。4度のワールドチャンピオンに輝いたベッテルがF1から遠ざかってまだ1年しか経っていない今、時速320kmのレーシングカーの魅力に再び引き寄せられるようになるまで、エコプロジェクトを立ち上げられる数は限られているはずだ。セブ、頼むよ、昔のよしみで…。

ミック シューマッハ[0.4%]


運命としか言いようがない ミック シューマッハは昨季メルセデスのリザーブドライバーだったが、よりロマンチックなのは、メルセデスが彼の父親にとって最後のF1チームだったことだ。確かに、ハースでの2年間を考えれば、テクプロのバリアの多くと初対面の関係になることは間違いないだろうが、シューマッハの名前がF1の頂点にあるべき場所に戻ることに比べれば、少々のカーボンファイバーなどどうだっていい。

ニコ ロズベルグ[0.2%]


2016年にワールドチャンピオンに輝いたロズベルグは、おそらく2度と同じことはできないだろうと悟り、その場で引退した。しかし、起業家兼YouTuberとして8年間を過ごしてきたロズベルグにとっては、復活してそれが偶然ではなかったことを証明するチャンスだ。少なくともハミルトンの邪魔をして、フェラーリでの時間をできるだけ惨めなものにするのだ。リマック ネヴェーラで走り回ることで、彼も鋭さを保つことができたはずだ。

マックス フェルスタッペン[0.1%]


想像してみて:2024年11月、レッドブルはシーズン全体で1ポイントも獲得できず、コンストラクターズランキングの最下位にいる。セルヒオ ペレスは予選とレースの両方でヘッドトゥヘッドで23-0のリードを持っている。エイドリアン ニューウェイはSpace Xのロケットを設計するために去ることになっている。フェルスタッペンはメルセデスが唯一の救済であると結論付け、ちょうど空席があるということで…何が起こるかわからない。

AIスターリング モス卿[0.04%]


絶望的な時は絶望的な手段を必要とする。もしメルセデスが夏休みまでにまともなドライバーを確保できないのであれば、AIの実力を試してみてはどうだろう?もちろん、メルセデスの元ドライバーだがインターネット上に存在する彼に関するすべてのデータを使って、F1で最も偉大な非チャンピオンを再構築し、その生まれ変わりに初代スターリング卿にふさわしいタイトルを獲得させるのだ。

ルイス ハミルトン[0.02%]


ある朝、ルイスが目を覚まし、本当にF1のお笑い番長チームのドライバーになることに同意していたことに気づくというのは、決してあり得ない話ではないだろう。2008年以来タイトルを獲得しておらず、ピットウォールがチャンネル4のパネルショーのメンバーで埋め尽くされているような戦略決定をしているF1のことだ。彼とトト ヴォルフが抱き合って、2025年にみんなの尻を叩くことに合意すればいい。もちろん、それまでにレッドブルが追いついていればの話だが。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059





=海外の反応=
「ワイルドカード:ニコラス ラティフィ
これ以上言う必要があるだろうか?」
「前の給料の1/10でいいよ!って言うドライバー」
「メルセデスにはすでにフレデリク ヴェスティという男がいる。彼は2023年のF2で準優勝しており、チームがレース中にホイールを締め忘れなければ優勝していただろう。彼は彼らのF1マシンをテストし、いい走りを見せていた。
このTGリストで見られる提案に関しては、優秀でなかったか、引退した人たちだ。メルセデスにふさわしい人選とは思えない」
「これはお遊びなんだろうけど、新進気鋭の名前に触れていない。伝統的に、F!の偉大な選手たちはすべて低ランクのフォーミュラレースから生まれている。明日は "レースに出られる子供たち "の記事を書こう。
そして、女性チームについてはどうだろうか?」
「なぜリカルドがこのリストに入っているのだろうか?リカルドはメディア受けはいいが、せいぜいペレスを放出したRBのセカンドシートで、表彰台に数回上れるかどうか、ってとこ。アロンソはあと1、2年がせいぜいだろう。サインツはおそらくアウディ/ザウバーのシートを待っている。アルボンはウィリアムズで見せた進歩を考えれば最も理にかなった選択だろうし、ベッテルはもうどうしようもない。マクラーレンのランドはマクラーレンとの契約を延長したばかりで、パフォーマンスが崖から落ちない限り、彼が去るとは思えない。
メルセデスにとってボッタスは既知の存在だろうが、彼はセカンドドライバーに過ぎない。ラッセルのセカンドドライバーが欲しければボッタス、面白みを求めるならアルボンだろう。ミック シューマッハを忘れていたのは残念だが、彼が最後にF1にいたときはもっと長い時間をバリアの中で過ごしていたのだから」
「サインツがメルセデスに合うとは本当に思えない。彼はフェラーリで一貫して凡庸な仕事をしてきた。メルセデスが必要としているのは、中途半端ではなく、そこで成功するような人材だ」
「もちろん、ソニー・ヘイズだ。しかし、彼は引退して若いドライバーを指導しなければならない。」
「アンドレア・キミ・アントネッリについての言及はないのか?一部ジョーク記事であることは承知しているが、彼は真剣な候補者であり、新レギュレーションへのメルケードの先鋒になれると私は信じている。また、ランド ノリスは2026年まで契約を結んでおり、マクラーレンが彼を高く評価していることを考えると、ルイスのような契約解除条項はないだろう」
「キウイのリアム ローソン。昨年はレッドブルで4レースほど代役ドライバーとして素晴らしい仕事をした。彼にチャンスを与えれば、必ず勝てるだろう」
「キミ・アントネッリがリストに入っていない。個人的には、フェルナンドにサヨナラツアーをやってほしい。また、メルセデスがルイスとともにタイトルを獲得する姿も見てみたい。もちろん、皮肉でもなんでもない」
「ニコ ロズベルグがグリッドに戻ってくるのを見たいね。しかし、その可能性はおそらく5000分の1に近いと思う」
「アロンソはアップグレードだろう。グリッド上で3番手(2010年)または4番手(2012年)のマシンをチャンピオン争いに導いた唯一のドライバーだ。アロンソはグリッド上で唯一、3番手(2010年)または4番手(2012年)のマシンをチャンピオン争いに導いたドライバーだ。自分のクルマには常に最高のドライバーを乗せたいものだ。これは間違いない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/02/66852/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ