ベントレーモーターズ、2023年日本国内の販売台数は3年連続で販売新記録を達成

ベントレーモーターズは2023年、全世界で13,560台の高級車を販売し、過去3番目に高い好業績を記録したが、日本国内の販売台数は3年連続で販売新記録を達成。

2023年のベントレーの全世界での販売台数は対前年比11%減の13,560台となったことは、先日報じた通りだ。アジアパシフィクが5%増、中東インドアフリカ地域が2%増と健闘したものの、主要マーケットであるアメリカで373台、中国で649台、ヨーロッパで433台ほど前年販売台数を下回っている影響が大きかったとみられる。ベントレー本社のあるイギリスも272台販売を落とし、中国と並び18%減となった。

ベントレーモーターズの会長兼CEOであるエイドリアンホールマークは「ラグジュアリー市場は、2023年後半に世界中で見られた厳しい市場環境から免れることはできなかった」とコメントしており、外部的な要因で一部のマーケットの需要が落ち込んだことが原因と分析している。

台数こそ前年に比べ1600台ほど落ち込んだものの明るいニュースもあった。その1つはベントレーのビスポーク部門であるマリナーのオプションの装着率が高まったこと。通常モデルでも460億通りものオプション組み合わせがあるベントレーだが、さらにそれ以上のオプションを選ばれた方が全顧客の3/4もいたのである。これにより、マリナーオプションの装着数は前年に比べ43%ほど増加した。

また、本格的な導入が始まったアズール、S、スピードなどのデリバティブモデルの販売比率も2022年の30%から70%に上昇した。

だが、日本でのベントレーの販売はとても好調だった。2023年のベントレーの国内販売台数は対前年比11.6%増の719台となり、3年連続で販売新記録を達成した。

最も販売されたモデルはベンテイガV8モデルで257台。ベンテイガの販売構成比は55.4%となった。中でも今年からデリバリーが開始されたベンテイガEWBモデルが好調な販売を続け、ベントレー全体の1割を超す83台の車が登録された。

コンチネンタルGTの12気筒モデルは販売中止のアナウンスもあり落ち込んだものの、シリーズ全体では9.1%のマイナスに収まっている。V8モデルはクーペもコンバーチブルもともに前年の販売台数を上回る実績を残しました。

フライングスパーは堅調な販売を維持し、フルイヤーで販売ができたPHEVの増加分がシリーズの販売に貢献し、対前年比で11.9%増の151台が登録された。
PHEVではベンテイガで32台、フライングパーで21台の合計53台の販売を達成した。全体の比率は7.4%だった。
ラグジュアリーブランドが軒並み販売台数を落とす中、ベントレーの堅調なビジネスは継続しているといえよう。

トップギア カーオブザイヤー/トヨタ ランドクルーザー/フェラーリ プロサングエ:トップギア・ジャパン 059




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66757/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ