ジンガーが、ガルウィングドアの4シーターハイパーGTの生産開始10年後までに6台の「非常にユニークな」少量生産車を計画していると、トップギアに語る

ジンガーはガルウィングドアの4シーターハイパーGTの生産開始を明言。ケビン ジンガーとルーカス ジンガーは、10年後までに6台の「非常にユニークな」少量生産車を計画していると、トップギアに語った。

2022年に同社が初めて予告した4人乗りのハイパーGTについて尋ねると、社長のケビンジンガー(Czinger)は「生産が開始されます」と答えた。

「私たちは2023年に、完全に衝突認証を取得し、完全に排出ガス規制に適合した21Cを送り出したいと考えていました。また、アストンマーティンやメルセデスのような企業も顧客として持っていますし、航空宇宙や防衛の大手顧客も半ダースほどいます」

「その中で唯一、公に発表されているのはゼネラル アトミックス社だ。私たちはF16戦闘機サイズのドローンの製造パートナーです。184個あった機体部品を4個に減らしました。製造時間を12日から12時間に短縮しました。この情報をすべて公開したところ、あっという間に大手航空宇宙企業がこぞって、どうやっているのかと尋ねてきたのです」

ジンガーの積層造形プロセスの全貌を知りたい?要するに、3Dプリンティングプロセスは、かなり忙しい。しかし、21Cハイブリッドスーパーカーは、ジンガーブランドの車にとって、ほんの始まりに過ぎないようだ。

「長期的には、ジンガーは常に少量生産で高性能なブランドであり続けるつもりです」と、ケヴィンのビジネスパートナーであり息子でもあるルーカスは言う。「しかし、我々は新しい技術、新しいエンジンレイアウト、新しいギアボックス、新しいEVモーター、新しいケーシング、新しい冷却システムを開発しています。最終的には、それらすべてが大衆市場に投入されることになるでしょう」

「しかし、ジンガーは常に最先端を行く一歩先を行く存在であり、私たちはすでに、パッケージングの観点から、次の車の設計を終えています。かなり注目に値するクルマになるでしょう。ハイパーGTはひとつのオプションであり、それ以上のことは言えません」

「私たちの目標は、10年後までに6台の非常にユニークなクルマを作ることだとだけ、言っておきます」

これは実にエキサイティングな響きだ。21Cは2.9リッターV8と2つの電気モーターの組み合わせで4輪駆動を行い、1,250psを発揮する。しかし興味深いことに、そうではないかもしれない。

「我々は少量生産にとどまるつもりですが、同時に非常に差別化されたモデルであり続けるつもりです」とルーカスは言う。「他の多くのブランドに見られるように、持っているものを微調整するのとは対照的です。他社はプラットフォームを少し変えたり、ボディを変えたりしますが、シャシーの大部分を共有で利用しようとする。私たちには、まったく新しいパーツをプリントできる柔軟性があります。つまり、プラットフォームを共有するつもりはないということなのです。各車両は完全にユニークなものになるのです」

だから、パワートレインは実際には変わらないかもしれないが、会社としてのジンガーには明らかに大きな計画がある。誰か、他の4車種が何になるか賭けてみないか?

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「新型ナイトライダー?」
「グランドツアラーをこよなく愛する男として、ハイパーGTの市販化を見たい」
「もしこの車が上の写真のままなら、外見はとてもクールなものになるだろう。ハイブリッドの技術的なスペックも悪くないので、今のところ謎のままなのはインテリアのルックスだけだ」
「今まで買った3Dプリントのものはどれもすぐに壊れた。一般的に車では耐えられないような壊れ方で」
↑「3Dプリンティングには、高強度用途を含む多くの種類があり、すでに航空宇宙などの応力負荷部品に使用されている。DMLS "ダイレクトメタルレーザー焼結について調べてみてほしい。Czingerに起こっていることは、そのようなタイプのものだと思うよ」
「この人たちはとても豪華な3Dプリント設備を持っている。ハイテク企業ではあるが、自動車ブランドにはなれないだろう」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2024/01/66604/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ