中国EVのNIO ET7が1回の充電で、上海からアモイまでの1,044kmを走行

ニオ ET7、1回の充電で648マイル(1044km)の旅を完了。上海からアモイまで、3人のチームが14時間以上、充電のために停車することなく走行した。

ワイルドな電気自動車、ニオ(Nio) EP9を覚えているだろうか?その中国メーカーがこのたび、ET7サルーンで648マイル(1,044km)の旅を完走し、バッテリーの約97%を使い切って、その多才ぶりを発揮し始めた。そう、最後にコーヒーを飲むためのジュースはまだたっぷり残っていたのだ。

このマイルストーンについて、李は次のように語った: 「この航続距離テストの完了は、スマートEVの航続距離が1,000kmを超えたことを示すものであり、ガソリン消費から電気消費への自動車産業の転換をさらに促進するものでもあります」

電気自動車が1,000kmを超える走行を達成したのは、今回が初めてではない。2022年夏、メルセデス ビジョン EQXXコンセプトカーはシュトゥットガルトからシルバーストーンまで走行し、1,202kmという1回の充電で走行できる距離の記録を塗り替えた。この後、1回だけでなく2回はコーヒーを買いに行くのに十分な充電量さえ残っていた。

この14時間のドライブは、メーカーの本拠地である上海から始まり、中国の東海岸に沿ってアモイまで走った。ニオのCEO兼会長であるウィリアム リーを含む3人のチームが、交代でハンドルを握ったり、ひどい選曲でドライバーを困らせたりした。最後の部分は作り話だよ。

寒さは、EVの航続距離を短くすることがよくあると言われているのだが、ET7は、バッテリーの交換や再充電を必要とすることなく走破した、これは、新開発のウルトラ・ロングレンジバッテリーの「真の実力」の証だとニオは言う。

このバッテリーは150kWhのユニットで、セルエネルギー密度は最大360Wh/kgである。平たく言えば、これは現在中国で大量生産されている中で最も大容量でエネルギー密度の高いバッテリーということになる。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




=海外の反応=
「興味深い節目ですね。EQXXは量産車ではなく、テスラ モデルSで1078km走行したチームは40km/hで這うように走っていたので、これはおそらく初めての現実世界での1000kmカーだと言える。問題は、常にそんな大容量のバッテリーを持ち運ぶことが効率的でないこと。この車は、150ではなく100kWhのバッテリーを使った方が、99%の場合においてより安価で軽く、速く、すべての面でより良いだろう。単に超大容量のバッテリーを入れるのではなく、メルセデスやアプテラのアプローチは超効率性を追求することで、はるかに魅力的」
「そうですね、最初にその数字を見た時は印象的に聞こえますが、その実、全く感動的ではない6.9kphWhだと気付くんですよ。私のZoeでも同程度の数字が出るからさ…。大容量バッテリーがこの問題の解決策ではないのは、その充電1回でそこまで遠くまで行く必要が実際はほとんどないからだ。50/100マイルを5分未満で追加できるスーパー/ウルトラ急速チャージャーが手軽に利用できることが、効率的に電気自動車で移動する鍵なんだ。特に夜間に自宅で充電できない人々にとっては」
「今のところ、両方のアプローチにはそれぞれの良さがある。実用的な「普通の」車は、先端の空力と増加したバッテリー密度をバランス良く活用して、実際の航続距離の問題に合理的な答えを提供している。一方、私たちはまた、超効率的で比較的軽い「GT」や、1〜2人がドライブをするための楽しい車、またはバッテリーに匹敵する大きな電気トラックなど、航続距離を削るための2つの補完的なアプローチを期待できる。もしかすると、将来のすべての車がSUVの異なるサイズではないかもしれません(その空力は少々妥協されているんだけど)!」
「Nio。おそらく最高のオリジナル中国車の1つ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65848/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ