ベントレーの「空飛ぶミツバチ(Flying Bee)」にブラック エディション ラベルの特別なハチミツが発表


ベントレーがクルー本社でミツバチ飼育の5周年を祝う。最も古い2つの巣箱から500瓶強のブラック エディション ラベルの蜂蜜を採取。美味しそうだけど、買えるの?

甘党のくまのプーさんは、かつて「ハチミツより良いものがあるとすれば、もっとたくさんのハチミツがあることだ」と言っていた。A.A.ミルンの架空のクマも、今日の採取開始5周年を記念した空飛ぶミツバチ(Flying Bee:ベントレーのボンネットマスコットFlying Bを捩って命名されている)による、特別なブラック エディション ラベルのハチミツの発表を歓迎したに違いない。

ハチミツ生産のエクセレンスセンターは、英国クルーのベントレー本社内にあり、今年初めに17の巣箱に拡張され、現在100万匹以上のミツバチが飼育されている。この夏、2019年にピムズレーンエリアに初めて設置された最も古い2つの巣箱から、500瓶強の美味しいブラック エディション ラベルの蜂蜜が採取された。

食欲をそそるブラック エディション ラベルだけでなく、残りの15の巣箱からも1,000瓶の美味しい通常のハチミツが採取。ベントレー社内のデザインチームは、このユニークなラベルをデザインし両方の瓶をリブランディングすることで、この5周年を祝うのに協力した。

ベントレーの製造担当取締役であるアンドレアス・レーへは次のように述べている:
「忙しく働くミツバチの集団は、ハチミツ生産のエクセレンスセンターにおいて、これまで以上に生産性が高いことが証明されました。このエキサイティングな活動は、ピムズレーンの施設をさらに環境に優しいものにするという、ベントレーのビヨンド100戦略の広範囲に渡る取り組みを示しています。また、持続可能なラグジュアリーモビリティのリーダーになるという当社の目標にも合致しています」

ベントレーの生産計画担当ディレクターであるセバスチャン・ベンドルフは、次のように付け加えた。「このおいしいハチミツは非常に高級なもので、販売はいたしません。その代わりに、会社のイベントやお客様の訪問、慈善活動、そして社員の報奨金制度や表彰制度、コンペティションなどの機会に贈呈しています。エコロジーの重要性やミツバチのような花粉媒介者が果たす役割について、人々に語ってもらうためのエキサイティングな方法なのです」

販売はないのか…。美味しそうなので、残念。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65638/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ