新型トヨタ ハイラックス 48Vで(ちょっとだけ)ハイブリッド化したけど、軟弱化ってわけじゃない

新型トヨタ ハイラックス 48Vで(ちょっとだけ)ハイブリッド化したけど、軟弱化ってわけじゃない。

これは、ちょっと物議を醸すかもしれない。なぜなら、タフさにかけては信頼と実績のあるトヨタ ハイラックスがハイブリッドになるんだから。ちょっとだけなんだけど。

これは新型ハイラックスのハイブリッド48Vで、2024年半ばにヨーロッパで導入される予定のマイルドハイブリッドのピックアップで、燃焼式のみのモデルと並行して販売される予定だ。そう、ディーゼルはまだ死んでいない。

レシピも嬉しいほどシンプルだ。トヨタはハイラックスの標準的な2.8リッター、ターボディーゼルを、コンパクトなモータージェネレーターユニットおよび48ボルトのリチウムイオンバッテリーと組み合わせた。バッテリーは後部座席の下に搭載され(ハイラックス ハイブリッドはダブルキャブのみ)、重量はわずか7.6kg。

その結果、最大16bhpのパワーと65Nmのトルクをモータージェネレーターを通してエンジンに戻し、加速を助けると同時に、より積極的なストップ/スタートシステムを可能にし、燃費を最大5%改善できるとトヨタは主張している。悪くない。

また、マイルドハイブリッドシステムは、ハイラックスのオフロード性能を実際に向上させるとしている。モータージェネレーターの力により、悪路での低速加速がスムーズになり、回生ブレーキは下り坂で役立つ。エンジンのアイドリング回転数も720rpmから600rpmに下がり、超低速域でのコントロール性が若干向上するはずだ。

牽引能力(3,500kg)や積載量(1,000kg)にも妥協はない。バッテリーとコンバーターは完全防水仕様で、ハイラックス ハイブリッドの渡河水深は700mmに達する。

室内には、8.0インチのインフォテインメントスクリーンを含む多くのキットが装備され、プリクラッシュシステム、車線逸脱警告、アダプティブクルーズコントロールなどの新しい安全機能がある。

注目すべきは、トヨタが今でもこの車を「最も認知度の高い主力車」のひとつと呼んでいることだろう。だから、このちょっとした電動化によって、ハイラックスが軟弱になることを意味するとは思わないでほしい。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「うちの国では、特定ゾーンにアクセスするためのクレイジーな一台になる!」
「かっこいい。このアシストシステムは、旧世代のプリウスの技術とどれくらい共通点があるんだろう。2.8Vのバッテリーを直列につないでいるのは知っている。私は、その系譜についてもっと知りたいと思っている」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/12/65514/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ