新型PS5 Slimは従来型PS5と比べて、どんだけスリムになった?


PS5スリム vs PS5:ソニーのゲーム機最新版の新機能は?そして、実際にそれほどスリムなのか?

今週イギリスで発売されるソニーの新型ゲーム機、PS5 Slimの予約受付が開始された。PS1時代からすべてのPlayStationにスリム版があったのだから、これはEAが来年新しいサッカーゲームを発売する、あるいはEx on the Beachの出場者がビーチで元恋人にばったり会うのと同じくらいに驚かない、ビジネス上の動きだ。今回のモデルもその伝統を受け継いでいる。

しかし、これまでのスリム版は親ハードウェアとは根本的に異なる外観だったが、今回のPS5 スリムは「微妙なリフレッシュ」と呼ぶにふさわしいものだ。

2020年のPS5との違いはあまりないということだろうか
イエスでもあり、ノーでもある。全体的なサイズの縮小は約30%だと、ソニーはブログ記事で述べている。これは、ディスク版とデジタル版(光ディスクドライブなし)の両方に当てはまる。以下は、2020年発売の初代PS5と新型PS5スリムの寸法比較だ:

初代PS5(ディスク版) 104mm (高さ) × 390mm (幅) × 260mm (奥行き)

PS5スリム(ディスク版) 96mm×358mm×216mm

オリジナルPS5(デジタル版) 92mm × 390mm × 260mm

PS5スリム(デジタル版) 80mm × 358mm × 216mm

こう比較してみると、30%という小型化は、無視できない数字だ。特に都会のリビングルームでは、コンソールはすでに、常に耳を傾けてくれるバーチャルアシスタントやサウンドバー、流行の多肉植物などとスペースの取り合いをしているのだから。

オリジナルモデルは実に広大だった。テレビ台の上で後ろ向きに押すと、ビープ音が鳴り始めるのだ。そのため、ソニーのデザイナーは新モデルで大幅な小型化を実現したものの、これをPS5「スリム」と呼ぶのは中途半端な感じがする。例を挙げれば、XboxシリーズXよりもはるかに大きい。

安くなった?
まあ、2023年の消費者向け製品だから、想像してみてほしい。

上がったの?
変わらないよ。毎週の買い物が、カゴに入れたときよりもセルフレジに通したときのほうが高くつく時代に、これはちょっとした奇跡そのものだ。小さな勝利に感謝しよう。

まあ、それは変わらないのだが。ディスク版は479.99ポンド(89,780円)、デジタル版は389.99ポンド(72,950円)。これは、ソニーのPS5オリジナルモデルの現在の希望小売価格とまったく同じだ。

しかし、これを読んでいるマーティン・ルイス信奉者は、ソニーが発売後にこれらの希望小売価格を引き上げたことを覚えているだろう…。当初はディスク版が449ポンド(84,000円)、デジタル版が359ポンド(67,000円)だった。

ディスクドライブが着脱式になるとはどういうこと?
そうだ。コンソールのデジタル版を購入した場合、オプションで取り外し可能なディスクドライブが利用できるようになったため、ディスクなしの生活に完全にコミットすることはなくなった。

このディスクドライブは、オンラインの「ハンドシェイク」を介してコンソールとペアリングされるため、プレイヤーの間ではドライブの機能性について懸念が持たれている。接続が切れたらどうするんだ?」、「もしゲーム機をスコットランドのネットのない離島に持って行って、攻略しなければならないステージの山に磨きをかけようとしたらどうするんだ?」など。

しかし、Eurogamerが報じているように、オンライン接続が必要なのは、ペアリングしたゲーム機に登録したり、アップデートしたりするときだけで、その後はオフラインで使用できる。PSNログインも必要ない。

素晴らしい!では、デジタル版とオプションのディスクドライブを買えばいいのでは?
だってドライブが100ポンド(19,000円)もするんだよ。

スペックは変わった?
そう、ソニーはスリムのコンソールの容量を1TBに増やした。以前は箱から825GBが出ていて、ストレージを増やしたければSSDを追加で取り付けるオプションがあったので、スペックシート上では便利なアップグレードだ。

しかし、その他の部分については、数字も部品構成も変わっていない。これらのスリムモデルはPS4 Proと同等ではなく、PS4 Proは前モデルに比べて演算能力が向上したため、よりデジタルな装飾をまとった高解像度のゲームを実行できるようになっていた。

PS5 Proモデルには多くの期待が寄せられているが、ソニーはこの件について公式発表を行っていない。

予約は開始された?
またしても正解だ。英国では11月29日(水)から発売される。ソニーの公式ストアPlayStation Directで予約受付中だ。

エコ意識のスピードウイーク/ホンダ シビック タイプR/トヨタ GR86:トップギア・ジャパン 058





=海外の反応=
「では、以前はオペレーティングシステム用に約250GB必要だった1TBのドライブから、どうやって1TBの空き容量を確保しているのだろうか?O/Sはどこにある?」
↑「前のって実は825GBのSSDしかなくて、1TBで175GBをOSなどで失っていたわけではなかったんだよ。新しいのは1TBだ。825GBモデルはOSからもストレージを失っているため、825GBよりも少なくなっている」
「良い子のみんな、わかった?新しいのを買う時だよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/11/65384/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ