ロータスの電動ハイパーGT、エメヤは4.4億円のエヴァイヤからたくさんのデザイン要素が流用

ロータスの電動ハイパーGT、エメヤ。インテリアとエクステリアに光のブレードを走らせ、4.4億円のエヴァイヤからたくさんのデザイン要素が流用されている。

ロータスが、新しい電動ハイパーGTモデル、エメヤ(Emeya)のデザインについて発表した。このデザインは、ロータスのミッドシップエンジンを搭載した初期のアイコニックなデザインの美学を再現し、同時にブランドを新たな市場セグメントに投影している。

ノーズ先端からリアに一体化した光のブレードまで、クルマのプロファイルを貫く一本のライン。 クリエイティブな思考から生まれたシンプルなジェスチャーが、ロータスのまったく新しい全電気式ハイパー GT、エメヤの背後にあるデザインの原点である。

この一本のラインは、自動車で言うところの「スウッシュ」に相当するもので、エメヤの「ハイパースタンス」、プロポーション、そして全体的なデザインにインスピレーションを与えた。ロータスを象徴するミッドシップエンジンの美学をシームレスに再現しつつ、ダイナミズム、継続性、俊敏性を強調し、未来へと継承している。

1948 年に立ち上げられた象徴的なスポーツカーブランドであるロータスは、エリート、エラン、エスプリ、エリーゼ、エヴォーラ、そして最近ではエミーラなど、パフォーマンス志向で機敏、かつ運転が楽しい 2 シーターで一躍有名になった。そして今、このブランドは変貌を遂げようとしている。

エメヤのデザインは、内外の光のブレードを走らせ、知性と技術的なデザイン芸術性を示しており、その特徴的なデザイン要素は、ロータスのオール・エレクトリック・ハイパーカー、エヴァイヤ(Evija:ちなみに、4.4億円)から直接取り入れられているのだ。

ロータスのデザイン担当副社長、ベン ペインは、「先進的なテクノロジーと過去の美学を融合させることで、エメヤは私たちを未来へと導き、ロータスを自動車業界の新たなセグメントへと導いてくれるでしょう」と述べている。

エメヤは、ロータスのハイパースタンスの低重心を誇り、多孔性を持つ8つの通気口により、車内に空気が確実に流れ、パフォーマンス、バッテリー冷却、航続距離が向上している。また、ホイール配置により、車両はキャブフォワードなシルエットを持ち、腰を据えたダイナミックなスタンスを実珸している。

エメヤの外観には、1950年代から1960年代のロードカーやレースマシンにまで遡るロータスの特徴である大胆で筋肉質なホイールアーチも含まれ、パフォーマンスの伝統を強調している。

独自のデイタイム・ランニング・ライト(DRL)デザインが採用され、ヘッドランプはDRLの下の開口部にほとんど隠れ、クリーンなフロントエンドを実現している。

エメヤのインテリアは、光が巡り、先進的なラグジュアリーの空間を作り出し、ウィングレットなどが軽量化と現代的なクラフトマンシップを表現している。インテリアの要素は、フォルムと素材による軽さの哲学に基づいてデザインされ、高度な素材が使用されている。

エメヤのグローバル・プレミアは、2023 年 9 月にアメリカ・ニューヨークで行われ、ロータスの過去、現在、未来を紹介する3日間の没入型ブランド体験となった。

エメヤに関する詳細は、第4四半期中に発表され、市場での販売と価格に関する詳細は後日発表される予定だ。

ロータス エレトレ vs テスラ モデル X/スバル GL ワゴン/タミヤ ワイルドワン MAX:トップギア・ジャパン 057

電動ハイパーSUV、エレトレがロータスじゃないと成し遂げられなかったこと
ポルシェ タイカンよ、気をつけろ!ロータス エメヤ、ツインモーターの4ドアGTを公開 ロータスの4ドアGT、カールトン以来で電動化




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/11/64832/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ