祝:アキュラ ZDXが復活、今度は電気自動車で(しかもダサくない)500馬力のタイプSバージョンもある

アキュラZDXが、今度は電気自動車として復活。500馬力のタイプSバージョンもある。

さて、真実を告げる時間だ:私たちは、生産型のアキュラ ZDXがこんなに良い外観だとは思わなかった。だって、初代のZDXは、ちょっとアレだったじゃん…?昨年のプレシジョンEVコンセプトは、確かに何を期待すべきかのヒントを与えてくれたが、私たちは(間違って)、ZDXはショーカーの奇妙な、ちょっとボートのようなスタイリング要素にもっと寄せてくるだろうと思い込んでいた。その代わりに、そのラジカルなグリルデザイン、スリムなヘッドライト、ショートオーバーハング、そしてトライトーン塗装には、本当に驚かされた。このSUVは素晴らしい。

ZDXはアキュラ初の完全電気自動車だが、実はゼネラルモーターズとの共同開発である。そのシャープなスタイルの皮膚の下にはGMのウルティウム(Ultium)バッテリーテクノロジーがあり、このプラットフォームは間もなくアキュラの親ブランドであるホンダのプロローグと呼ばれるSUVを生み出す予定だ。

アキュラは発売時に、102kWhのバッテリーパックを搭載した3つのバージョンのZDXを用意する。ベースとなるZDX A-Specは、リアアクスルに電気モーターを1基搭載しており、アキュラにとっては初代スーパーカーNSXに次いで2台目の後輪駆動車となる。これは、初代NSXスーパーカーに次いで、アキュラ史上2番目の後輪駆動車となる(この事実は、地元のバーで披露すれば、皆に感銘を与えるだろう)。この構成では、ZDXの出力は340馬力と推定され、アキュラは325マイル(523km)の航続距離を目標としている。

後輪駆動がお好みでなければ、デュアルモーターセットアップのZDX A-Specも購入できる。アキュラは、全輪駆動のZDXの航続距離は315マイル(507km)と若干落ちると言っているが、このモデルのパワー数値はまだ出ていない。A-スペックのモーター数にかかわらず、オールシーズンタイヤを履いた20インチホイールに装着され、最大3,500ポンド(1,588kg)まで牽引できる。つまり、ジェットスキー2、3台分だ。

「航続距離なんてどうでもいい、とにかくパワーが欲しいんだ」というあなたには、ZDXタイプSも用意される。タイプSにはアダプティブエアサスペンション、22インチホイール、ブレンボの大型ブレーキが装備される。タイプSはフル充電で288マイル(463km)走行できる。

ZDXのDC急速充電の最大速度は190kWで、350kWの公共充電器がますます増えていく中、これは良いことではあるものの、素晴らしいと叫ばれるようなことではない。少なくとも、公共の充電ステーションでくつろぎながら、ZDXに標準装備されている18スピーカーのバング&オルフセンのサウンドシステムで音楽を楽しむことができるけれど。

その点、大きな収穫がある: アキュラは、True Touchpadの「絶対位置決め」マルチメディアインターフェースを廃止し、11.3インチのスクリーンを汚れた指でタッチできるようになった。Apple CarPlayとAndroid Autoが内蔵され、Google Mapがナビゲーションシステムを実行し、11インチのデジタルメータークラスターにも表示できる。良かった。だって、グーグルマップは最高の地図なのだから。

新型ZDXは今年後半に登場し、アキュラは「オムニチャネルデジタル販売プロセス」によってのみ販売されると述べた。ベースとなるZDX Aスペックは60,000ドル(876万円)台からで、タイプSは10,000ドル(146万円)ほど高くなる。2024年初頭の最初の顧客納車に先駆け、今年後半には最終的な詳細が明らかになるだろう。

アキュラ ZDXが電動SUVで帰ってくるけど、初代みたいに先鋭過ぎないことを願う

アキュラ インテグラ タイプ S [US]:シビック タイプRとどっちを選ぶ?

あれっ、ボディ半分…?いや、アキュラ NSXにトレイラーをつけてるのだ




=海外の反応=
「醜くない?それは意見の分かれるところだよ」
「イギリスに来る?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62805/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ