アストンマーティンがペブルビーチで世界初のニューモデルを発表

アストンマーティンがペブルビーチで世界初のニューモデルを発表。ヴァラー、DB12、DBX707も展示。

アストンマーティンは、110周年記念の一環として、8月18日(金)から8月20日(日)まで開催されるモントレー・カー・ウィークに参加する。今年のペブルビーチでのイベントは、これまでで最も記憶に残るものの1つとなることが期待され、新型モデルの世界初のデビューに加え、先日発表されたヴァラー(Valour)の北米での初公開が予定されている。

ヴァラーは、純粋かつ直感的なドライビング体験を提供する究極の存在だ。ドライビングの純粋な喜びのために開発された、6速マニュアルトランスミッションを備えた唯一のフロントエンジンV12スポーツカー。Valourは、アストンマーティン・クラブ1913で展示され、8月18日(金)のザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングでは、世界で最もパワフルなSUVであるDBX707が展示される。その後、ヴァラーとDBX707は、週末に開催される同ブランドのラグジュアリー・イベントに向けてペブルビーチへ移される。

DBX707はスポーツカーのようなこのSUVは、力強いパフォーマンス、至極のダイナミクス、独特のスタイル、絶対的なるラグジュアリーによってアストンマーティンを業界の頂点に押し上げている。豊富な特徴と有無を言わせぬ性能で設計されおり、あらゆる面で究極のSUVと言える。

今年もアストンマーティン・クラブ1913は、スティルウォーター湾を一望するペブルビーチ・ゴルフ・リンクスの18番ホールのフェアウェイに会員を迎え、最高のホスピタリティを提供する。クラブでは、ウルトラ・ラグジュアリーなホスピタリティに加え、ヴァラー、DB12、DBX707、AMR23 F1(R) Carなど、アストンマーティンのエキサイティングな新型を含むモデルが展示される。

世界初のスーパーツアラーであるDB12は、アストンマーティンの次世代スポーツカーの先駆けとして発売された。DB12は、スポーツ特性とダイナミック性能の飛躍的転換をもたらし、伝説的なDBラインの新世代であると同時に、独自の新カテゴリーを定義している。卓越した洗練さ、最先端のテクノロジー、極上のラグジュアリーとエキサイティングなドライビングエクスペリエンスを融合させ、世界初のスーパーツアラーとして新たな定義を体現している。

Q by Aston Martinの特設スタジオがアストンマーティン・クラブ1913に設営され、ここでは、ブランドのスペシャリストと共にビスポークの世界に浸り、自分だけのアストンマーティンを仕立てることができる。また、アストンマーティンのチームによって、新型アストンマーティン DB12と、世界最速のウルトララグジュアリーSUVとして高い評価を受けているDBX707の限定試乗も実施する。

アストンマーティン・クラブ1913では、ブランド初のハイブリッド・スーパーカー、ヴァルハラのオーナー向けに驚くべき体験を提供するために制作されたValhallaのVRエクスペリエンスも初登場する。

刺激的なヴァルハラのエンジニアリングの焦点は、ドライバーと車との一体感、途切れることのないつながりを生み出すことだ。NvidiaのCloudXRテクノロジーを利用してZerolightで開発されたValhalla VRエクスペリンスにより、この完全にドライバー中心の体験は仕様の段階から実現している。

完全ワイヤレスVRヘッドセットを着ければ、没入感の高い3Dワールドでヴァルハラの高精細のデジタルツインを見ることができる。アストンマーティンはCloudXRテクノロジーを配備する初の自動車ブランドとして、Valhallaの購入者に、バーチャル空間で車内に座りながらインテリアの仕様を選択するほか、車の周りを歩きながら外観の仕様を選択するなどの体験を提供する。

アストンマーティンのグローバル・マーケティング・コミュニケーション責任者であるレナート・ビシニャーニは、次のように述べている。
「ペブルビーチは、常に私たちにとって1年で最も重要なイベントのひとつだが、今年は当社が110周年を迎えることもあり、ワールド・プレミアを含め、息をのむような新型モデルが展示され、アストンマーティンにとってさらに重要な意味を持っています」

「当社は、魅力あふれるラインナップに新型モデルを迎え入れるとともに、デジタルテクノロジーの限界に挑戦しています。臨場感あふれるVRエクスペリンスによって、Valhallaのコックピットに乗り込んで、ドライバー中心の個性的なエリート・パフォーマンスカーを隅々まで理解していただければと思っています」

ブランドの歴史的な110周年は、年間を通じて今後も盛り上がりをみせる。アストンマーティンは、待望の次世代スポーツカーの第一弾としてDB12を発表して熱烈な歓迎を受けている。そして、110周年の節目を祝うだけでなく、最も付加価値の高い純粋なドライビング体験を届けるため、110台限定のエクスクルーシブモデルとしてValourを発表した。

実車はマスタングやカマロっぽい?アストンマーティンのツインターボV12の新型ヴァラー

V12搭載の6MT、アストンマーティン ヴァラーはル・マンレースカー「マンチャー」からインスピレーショ ン

アストンマーティンがカリフォルニアのEV企業と提携、メルセデスやジーリーとの関係は?




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/08/62563/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ