V12搭載の6MT、アストンマーティン ヴァラーはル・マンレースカー「マンチャー」からインスピレーショ ン

アストンマーティン ヴァラーは、V12エンジン搭載の6速マニュアルスーパーカー。アストン、創業110周年を記念して現代のマンチャーを発表。110台限定モデルの価格とは?


この新型アストンマーティンがインスピレーションを得たワンオフのレーシングマシンは、かつてキャラバンを牽引する陸上速度記録を保持していた。アストンは、この華麗でクレイジーな限定モデル、ヴァラー(Valour)の潜在的な牽引速度について言及していないが、それは強大なものだろうと思われる。

V8ヴァンテージベースのル・マンレーシングカー、RHAM/1 「マンチャー(Muncher)」の徹底的な現代版へようこそ。熱心なアストンマーティンのエンスージアストなら、この新型車にはすでに一定の親近感を抱いていることだろう。というのも、このクルマはもちろん、2020年に登場したアストンマーティン ヴィクターにそっくりだからだ。

あのヴィクターは、One-77譲りの、自由な呼吸と微調整を施したコミカルで巨大な7.3リッターV12気筒エンジンを搭載していたが、新型ヴァラーはアストンの5.2リッター、ツインターボ12気筒エンジンを、同社のボンデッドアルミニウムプラットフォームの特注バージョンに搭載している。排気量の差にかかわらず、これは強力なパワープラントであることに変わりはない。そして、すぐに手に入らなくなるものでもある。

アストンが「食欲をそそる、時代末期の仕様」と表現するように、715PSのパワーと753Nmのトルクを発生する。このパワーを特注の6速マニュアルと機械式リミテッドスリップディファレンシャルに伝達し、タイムを記録する…ことができるかどうかはわからない。しかし、ここでもまた、そのタイムは強大なものだろうと推測される。

アストンは、新型ヴァラーのドライバー中心主義、オールドスクールな性格を強調することに熱心で、フロントに大きなエンジン、真ん中に6速マニュアルギアボックス、後輪駆動を搭載していることを疑問に思うのは難しい。もちろん、アダプティブダンピング、新しいスプリング、アンチロールバー、ホイールキャンバー/キャスター/トー設定といった特注のサスペンションとともに、さまざまな走行モードが用意されている。

実際、ヴァラーは「タイトで正確」であり、ボディのロールが少なく、路面追従性に優れていると言われている。ヴィクターがそうであるなら、このヴァラーは昔ながらのスリルを提供してくれるはずだ。

より正確なのは、あの70年代の 「マンチャー」(24時間レースでブレーキを食い尽くしたことからこの名がついた)よりもタスクに適していると思われるモンスターブレーキのおかげだ。フロント410mm、リア360mmのカーボンセラミックディスクに、6ピストンおよび4ピストンのキャリパーが組み合わされている。21インチの軽量ホイールに隠れて、より軽量で耐フェード性に優れている。

とはいえ、その野獣チックなボディワークは隠しようがない。ヴァラーは、2020年のビクターが最初に採用した「頭から顔面までぶつける」姿勢の多くを共有しているが、2023年のデザインではいくつかの微調整が加えられている。ホースシューのようなボンネットは健在で、V12のインテークに空気を送り込む1対のNACAダクトも正しい。

新しいグリル、丸型LEDヘッドライト、「目立つ」スプリッター、そして「跳ね上がったカムテール」とディフューザーへと流れるワイドアーチを目撃してほしい。リヤウインドウには、渦を発生させるエクゾブレードが配置されている。3連のエキゾーストテールパイプは、「従来のシステムより7kg軽い」特別なチューブで作られた軽量な特注エキゾーストセットアップの末端である。

インテリアは、もちろん6速マニュアルギアボックスレバーが主役だ。ホイール、レバー、ペダル、シート、ボタン類、スクリーン、ツイードとカーボンファイバーの組み合わせなど、かなりシンプルなセットアップで、このヴァラーがインスピレーションを受けるさまざまな世界を調和させている。もちろん、アストンマーティンのQ部門は、喜んであなたのヴァラーを極限までカスタマイズしてくれるだろう。

「アストンマーティンのデザインは常に先進的ですが、重要な節目(今回は110回目の誕生日)を祝うときは、少し余裕を持たせています」と、アストンのデザインディレクター、マイルス ナーンバーガーは説明する。

「その結果、ヴァラーは、2023年のレンズを通して洗練され、再構築されたオールドスクールなブルートとなったのです」

そのうえ、素晴らしくクレイジーだ。価格はおおよそ100-150万ポンド(1.8-2.7億円)程度であり、110台しか製造されないが、アストンは、すでに「前例のない」需要があると述べている。そのため、あまり長く待たされないのではないだろうか。そのうちの1台は、キャラバン牽引の世界記録に挑戦する可能性はあるのだろうか?

=海外の反応=
「この写真だと、マニュアルシフトが古臭い感じに見える。水中花のシフトノブみたいな…」
「ワンオフ == 破滅的に高価
安っぽいフェイスリフトを施されたブルドッグよりも醜いこのクルマが、私にとって興味深い存在であるとは到底思えない。ケーニグセグを買った方がマシ」
↑「この写真は、1977年のアストンマーティン ヴァンテージをオマージュしたこのアストンを正当に評価していない。このような残念なことは、ヴァルカンやOne-77とベースシャシーを共有するAM-Victorと同じケースで、当時マニュアルであったにもかかわらず、それはまた、最も強力なアストンマーティンであったのに」
「内側がベロアで覆われていることを本当に期待していた。
そして、僕は名前を読み間違えたことに気づいたのだった…チャンチャン」
「より醜いビクターに、より魂のないパワープラントを搭載しただけ。これからもアストンマーティンはどんなお祝い事にも特別仕様車を出すに違いない」
「フロントエンドのちゃんとした写真があるといいね」
「フロントは80年代のヴァンテージ風で、ちょっと目を細めると後ろから見たXJ220をどことなく彷彿とさせる」
「このカラーフィルターは素晴らしい車を台無しにしている」
「2023年に電気アシストとマニュアルのないV12スーパーカーだぜ?すごくない?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61372/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ