ブガッティがドバイの巨大レジデンスのデザインに協力したら、バネのおもちゃに見えた

スーパーカーとスーパーレジデンスが融合

ブガッティがビルを建てたのは、もちろんそうする理由があったからだ。その建物はドバイにあり、それはもちろんドバイだからこそ成し遂げられるものである。その建物は、ブガッティの高級スーパーカーにふさわしく、ドバイで最も新しい高級集合住宅になる予定だ。

超高級スポーツカーメーカーであるブガッティは、不動産開発会社のビンガッティと共同で、ブガッティ レジデンスを建設した。もちろん、プライベートビーチもある。

ドバイのビジネスベイの中心に位置しているが、喧騒は気にならないだろう。空高くそびえる11棟のペントハウスと171棟のマンションがある。波打つようなバルコニーが特徴で、それぞれにユニークなレイアウトと豪華な仕上げが施される予定だ。なんか、写真を見ると、バネのおもちゃ、スリンキーみたいなんだけど…

全邸宅のアメニティには、フレンチリビエラをイメージしたビーチ、オーシャンスタイルのインフィニティプール、プライベートプール、ジャグジースパ、フィットネスクラブ、シェフズテーブル、プライベートバレー、プライベートメンバークラブ、運転手、コンシェルジュサービス、ガレージからペントハウスまでのカーリフト2基が含まれている。サービス料は考えるに値しない。

「ブガッティ レジデンス」は、ブガッティ(とリマッチ)のボスであるマテ リマッチと、自動車と建物を組み合わせるというアイデアに少しばかり惚れ込んでいる建築家ムハマド ビンガッティによるデザインコラボレーションであった。ビンガッティはこう語っている: 「子供の頃から、自動車や航空産業の美学に感化され、不動産業界を再定義し、そうしたデザイン哲学に建築的オマージュを捧げるブランドを作ることを夢見た。私のタワーは、自動車愛好家がお気に入りのスーパーカーを見たときに抱く感情を呼び起こすようなハイパータワーにしたかったのです」

波とカーブを描くブガッティの巨体は、間違いなくユニークな存在だ。レンダリング画像には、数多くの屋上プール、ファンシービーチ、夜のビル、居住者が楽しむスカイラインが描かれており、さらに構造物の高さまで織り込んで、汚染線の上にペントハウスが描かれている…それとも雲だろうか?

とにかく、印象的なものであることは間違いない。そして、これが「史上初」のブガッティ・レジデンスであることから、もし成功すれば、これが最後にはならないだろう、という真剣な提案がなされている。もちろん、そうなることはないだろうね。

=海外の反応=
「射出成形されたプラスチックのガールフレンドをステーキにして、ソルトベーのドバイの最新レストランで金メッキとグリルで販売するインフルエンサーが住むには、ちょうどよい建物のように見える」
↑「奇抜な料理を好むインフルエンサーのために作られたビルほど、洗練されたものを感じさせないものはないだろう。ソルトベーの金メッキグリルで、プラスチック製のガールフレンドのためのステーキがジュージューと音を立てて焼けるのがもう想像できる。まさに、気品と味覚の縮図を完璧に表現した建築の傑作である。ブラボー!」
「このデザインのどこにブガッティの「アイデンティティ」があるのかよくわからない。形状的には、曲線はほとんど一般的なものとなってしまうほど非特異的だ。このデザインはMidjourneyのAIで「Zaha Hadid, Tower, Dubai」というコマンドで生成され、アルゴリズムが吐き出したものであるように見える。しかし、公平を期すために言うと、私たちはタワーの全体的な塊のレンダリングを批評しているだけで、ブガッティのペンは、素材感や環境体験などの細部にあるのかもしれないけどね。ブガッティは才能あるデザイナーに事欠かないけれど、今のところ疑惑の目で見ようと思っている」
「ダサい」
↑「ああ、「ダサい」とおっしゃるのですか?まったくもって独創的で洞察力に富んでいますね。明らかに、あなたの深く考え抜かれた批評に、私は言葉を失った。つまり、あなたのような見事なまでに明晰なコメントがあれば、誰が知的な議論に参加したり、有効なポイントを提供したりする必要があるのでしょうか?ブラボー、私の友人、ブラボー。あなたのウィットと「ブルジュ ハリファと違って、下水道への接続を忘れていないことを期待したいね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/06/60092/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ