ベントレーオーナーか愛犬の名前がベントレーの飼い主が利用できる「ベントレー・バーキング・パドック」



ベンテイガが羊飼いになるイベントも

5月20日から21日にリッチモンド公爵のグッドウッド邸で開催される犬のための祭典、グッドウーフフェスティバル(Goodwoof festival)において、ベントレーは特別な自動車パートナーとして参加する。犬とその友人に素晴らしい週末(あるいは素晴らしいご飯)を提供するための様々なアクティビティに、ベントレーのラグジュアリーSUVが、ワン!と一吠え(一役)買う予定だ。

ウェストサセックスにあるグッドウッドの中心的なクラブハウス「ザ・ケネルズ」の芝生の上で行われるこのイベントでは、世界レベルの競技、フィールドやトレイルのデモンストレーション、犬の専門家や著名な飼い主による講演など、人も犬も楽しめるたくさんの催しが用意されている。

今年は新たに「ベントレー・バーキング・パドック」が設けられた。このパドックは、ベントレーのドライバーもしくは犬の名前がベントレーである飼い主が利用できる専用の駐車場で、ザ・ケネルズまで迅速にアクセスできるようになる。

また、ベンテイガが羊飼いの役割を果たす、牧羊犬のための特別なアクティビティも実施される。さらに、イベントの主催者であるチャリティ団体「ペットアズセラピー(Pets as Therapy)」を支援するため、新型ベンテイガ EWBでモデル体験を提供する予定だ。このベントレーでは、乗客全員(特に犬のお客様)がVIP待遇を受けることができ、インフルエンサーのような写真を撮りたいというワンちゃんのために、車の前には毛並みに風を当てるための送風機も用意されている。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59211/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ