ホンダ S2000にシビック タイプ Rの320psエンジンを載せちゃったエバシブ モータースポーツ


みんなが夢見てたS2000 タイプ Rがついに

「ホンダのスポーツカー、タイプRシリーズは、発売された直後から伝説的な存在となりました。インテグラ、シビック、NSX、そしてアコードにもタイプ Rが存在しています」と、カリフォルニアに本拠を置くエバシブ モータースポーツ(Evasive Motorsports)のプレスリリースには書かれている。

「しかし、一度もタイプRが発売されなかったモデルがあります。ただし、今までは!」

ホンダ好き、そしてS2000好きのみなさん、最高の物語にようこそ。上の写真は、エバシブが製作した限定レストモッドS2000Rのシャシー#000で、このチューニングメーカーのS2000タイプRそのものである。

ボンネットにはFK8型シビックタイプRの2.0リッターターボ4気筒(320ps)を搭載しているため、単なるS2000というだけではない。初代S2000の最高出力が240psだったことを考えると、かなりのパワーアップといえるだろう。

さらに、カーボンファイバー製の無限エアインテーク、エバシブ独自のインテークマニホールド、Origin Fab製のチタンエキゾーストシステムも装備されている。MoTeC ECUがすべてをまとめ、S2000の標準的な6速マニュアルギアボックスも残されている。ただし、リミテッドスリップデフとKoyo Racingのラジエーターは装備されている。

「エバシブはS2000Rに楽しさを求めました」とリリースには書かれている。そのため、KWクラブスポーツコイルオーバー、Eibachアンチロールバー、サスペンションブッシュ、シャシーブレースも新たに採用されている。ホイールは18インチの鍛造品で、ブレーキはブレンボ製だ。

20周年記念モデルのフロントバンパーにタイプ R仕様のチャンピオンシップホワイトの塗装を施した。その上、カスタムフロントリップ、ワイドなフロントアーチ、カーボンファイバー製ボンネットとトランクリッド、スプーンエアロミラー、巨大なカーボン製リアウィングなどを装備し、S2000Rの外観も少し新しくなっている。インテリアでは、カーボン製レカロシート、カーボン製ドアカード、アルカンターラ製ダッシュボードが装備されているが、オーナーは、S2000Rの内外装と下回りを自由に選択することができる。

「S2000は、史上最高のドライバーズカーの1つです」と、エバシブ モータースポーツの共同社長であるマイク チャンは述べている。「ロードとレース用にプラットフォームをチューニングしてきた20年の経験から、ロードスターを近代化し、S2000タイプRのあるべき姿の理想版を作るというビジョンがありました」

でも待って、今日エバシブから発表されたS2000のニュースはこれだけではないから。実は、パイクスピーク用のS2000RSを製作する予定であることも発表されている。ドリフトドライバーとしても著名な吉原大二郎が、この高回転型ロードスターの650bhpタイムアタック仕様車を2023年のイベントのオープンクラスで操縦する予定だという。スペシャルなものになるはずだ。

レースカーは、S2000のオリジナルF20エンジンを使用しているが、2.4リッターにボアアップしてターボチャージャーを装着し、その強大なパワーを生み出している。さらに、シーケンシャルギアボックス、ヨコハマレーシングスリック、KW製ダンパーが組み合わされる。下の画像で、その計画をご覧あれ…。





=海外の反応=
「このクルマの魅力のひとつは9,000RPMのレッドラインであり、この新しいエンジンは8,000までしか回らないことを無視しているのだろう」
↑「まさに、コメントしようと思っていたこと。S2000のウリは高回転型エンジンなのに、これをタイプRのエンジンに換装して自慢している。
レクサスLC500が素晴らしいV8を搭載しているからと言って、それを搭載するためにLFAをレストモッドすることはないだろう」
「歴代最高のNAスポーツカーといえば、すぐに思い浮かぶのがS2000。"NA "を強調」
「とはいえ、90年代のプロトタイプ風ミラーやエアロフォイルウィング、そして見事なホイールに至るまで、この車の外観のモディファイはトップクラスだ。タイプRのエンジンがなければ、このクルマが大好きなんだけど。そうはいっても、タイムアタックカーは、見た目がいいだけでなく、F20を採用している」
↑「ホンダが今持っているクールなパワートレインを何でもいいからピックアップしたかったのだろう。残念ながら、ホンダはその手のエンジンを使い果たしてしまっている」
↑「ここアメリカでは、悲しいことに、事実だ。ホンダはタイプRのエンジンしか持っていないし、アキュラもターボV6を2台持っているが、それくらい」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58936/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ