ベントレーのコンチネンタル GTが20周年で1台だけのコンチネンタル GT Sを披露

コンチネンタルGTの20周年記念イベントは夏まで続く

コンチネンタル GTの誕生20周年を記念して、ベントレーモーターズは4ヶ月間にわたるユニークなモデル、ドライブ、イベントのプログラムを開催しており、最初は上海オートショーで1台限りのコンチネンタル GT Sをデビューさせた。この特別な車には、ベントレーモーターズの現代を決定づけたこの車の20年を記念するバッジ、インレイ、デザインモチーフなど、マリナーの特注装備がいくつか装備されている。

上海向けの特別なGT Sのエクステリアは、マグネティック・ダークグレーメタリックで、ブラッククロームとブラック22インチ10スポークスポーツホイールで引き立てられ、レッドブレーキキャリパーが彩りを添えている。ブラックとレッドのテーマはインテリアにも受け継がれ、ベルーガとホットスパーのレザーとピアノブラックのデュオトーン仕上げが施されている。

特注のインテリアには、マリナー独自のカラーウェイ、デュアルフィニッシュのフェイシアとウェストレール、センターコンソールとトレッドプレートの特注ディテールが採用されている。

アッパーフェイシアのパネルはグラナイトストーン製で、独特の触感を持つ仕上げとなっている。ロアパネルはグランドブラック製で、コンチネンタル GT誕生20周年を記念したレーザーエッチングオーバーレイが施されている。レッドピンストライプが2つの仕上げを分け、ドアからドアまでフェイシアを横切り、ブルズアイエアベントのアッパーベーンを横切っている。

トレッドプレートには、初代コンチネンタル GTと3代目の2つのシルエットが描かれ、モダンGTの20年間を表現している。センターコンソールにも同じデザインが施され、ドアのLEDウェルカムランプには、このアイコニックなグランドツアラーのアニバーサリーを祝うユニークなデザインが施されている。

グランドツアラーの真髄に迫る20年の歴史を刻む
2003年、現代におけるベントレー初の新型車、初の全輪駆動車、初の革新的なW12エンジン搭載車として登場したコンチネンタル GTは、ベントレーを世界で最も人気のある高級車ブランドとして現在の地位に押し上げることに貢献した。

2003年の発売当時、コンチネンタル GTは見事なデザイン、スーパーカーとしての性能、そして比類なきクラフツマンシップのユニークな組み合わせを提供した。最高速度は300km/hを超え、0-97km/hは4.7秒(0-100km/hは4.8秒)、本物の4人乗りクーペとして世界最速と賞賛された。同価格帯のライバルがいなかったため、コンチネンタル GTは瞬く間に世界的なセンセーションを巻き起こし、新たなマーケットを定義することになった。

3代目となる現在、コンチネンタル GTとその派生であるコンチネンタル GTCは、数々の賞を受賞し、賞賛を浴び続けている。2022年、コンチネンタル GTスピードはロブ・レポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、2023年にはコンチネンタル GT V8 Sがカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。また、2023年2月に開催されたオートモーターアンドスポーツアワードでは、101,000人以上の読者投票により、コンチネンタル GTが高級輸入車部門で2年連続の受賞を果たしている。

コンチネンタル・ドライブ・ハブ
コンチネンタル GTの誕生から20年を記念して、クルーのベントレー本社とスイスのジュネーブに2つのドライブハブが設置される。ベントレーヘリテージコレクションの初代と2代目のコンチネンタルGTが、最新のコンチネンタルGTファミリーとともにドライブでき、20年にわたる絶え間ないデザインとエンジニアリングの進化を体験できる。

20のレビューで世界一周
ベントレーの「バトン」は、自社でデザイン・製作したもので、5月から世界各地を旅し、ヨーロッパ、中東、中国、アジア太平洋、米国をコンチネンタル GTの様々なモデルで巡り、クルーに戻る予定だ。旅の終わりにクルーに戻ると、バトンには20個の旅の記念品が収められており、タイムカプセルとなってユニークな旅の思い出を永久に残すことになる。

ダブルアニバーサリー
コンチネンタル GTの誕生日は、ベントレーの強力な6.0リッターツインターボW12エンジンが20年以上にわたって物理的にも精神的にもベントレーを成功に導いてきた20周年でもある。このエンジンの生産終了は2024年4月に予定されており、この象徴的なパワートレインがベントレーの電気自動車の未来に道を開くまで、W12の作られる期間はあとわずか12ヶ月しかあらない。

この節目はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(7月13日~16日)で祝われる。ベントレーは、過去20年間のW12エンジン搭載車、そしてマリナーによる新しいベントレーバトゥールまで、感動的な展示でW12を祝福する予定だ。

モントレー・カー・ウィークでのオリジナルへのオマージュ
2003年にクルーの生産ラインを出た最初のコンチネンタルGT、VINナンバー20001は、サイプレスグリーンにサドルハイドとバーウォルナットのインテリアで仕上げられた。その日から今日まで、ヘリテージコレクションのガレージの重要なマイルストーンとして、同社の手元に残されている。

今年のモントレー・カー・ウィーク(8月11日~18日)では、ベントレーはVIN 20001からインスピレーションを得た最後の1台限りのコンチネンタルGTを公開し、誕生のお祝いを締めくくる。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58854/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ