ベントレーが最速ラップを記録したル・マンから100年 コンチネンタルGTとGTCの世界48台の限定モデル、ル・マン コレクション

W12のル・マンコレクション

ベントレーがル・マン24時間レースで6度目の優勝を飾ってから20年、そして伝説のレースの初開催から100年を記念して、コンチネンタルGTクーペとコンチネンタルGTCの限定車を、ル・マン・コレクションとして全世界48台で制作する。いずれも、現代において最も成功した12気筒エンジンであるベントレーW12エンジンを搭載している。また、ル・マン・コレクションには、ル・マンで優勝したスピード8 #7のデザインを踏襲したユニークなエクステリアとインテリアのディテールが施されている。

ル・マン・コレクションの全モデルには、タッチスクリーン、デュアルパネル、アナログダイアルの3種類から選べるベントレーローテーションディスプレイが装備されているが、中央の標準ダイヤルの代わりにガラスケースがあり、中には2003年のル・マン優勝車であるベントレー・スピード8の4.0リッターツインターボV8エンジンバルブが入っている。 このエンジンはコンテスト後に取り外されて保存されていましたが、32本中24本を切断してこの究極のグランドツアラーの特別コレクションのために48個のアーティファクトを作成した。

また、標準装備の12時間表示のアナログ時計の代わりに、特注のデザインの24時間表示のデジタル時計が採用されている。

ベントレーのパーソナルコミッション部門であるマリナーは、2003年のル・マンで一世を風靡したダークグリーンのスピード8レーシングカーからインスピレーションを得た。バーダントグリーンのエクステリアから、フェイシアに描かれたスピード8エンジンの一部まで、ル・マン・コレクションはベントレーとル・マン24時間レースの長く輝かしい共通の歴史への心からのトリビュートだ。

マリナーのデザイナーは、ル・マンで勝利を収めた最も美しいレーシングカーのひとつである、2003年のスピード8を綿密に研究した。ル・マン・コレクションで限定販売されるコンチネンタルGTとコンチネンタルGTCはバーダントグリーンで仕上げられ、ボンネット(およびクーペのルーフ)にはムーンビームレーシングストライプが施されている。ブラックラインスペシフィケーションは、スピード 8のブラックとグリーンのカラーリングにちなんだもので、カーボンファイバー製のスタイリングスペシフィケーションのボディコンポーネントはブラックで仕上げられ、ムーンビームの繊細なピンストライプが施されている。また、ロウアーフロントバンパー、ウィングミラーキャップ、トランクリッドスポイラー下のリアの「馬蹄形」のエリアにはベルーガブラックが採用され、ブラックの22インチ10スポークホイールがパワフルなカーボンセラミックブレーキとレッドのブレーキキャリパーを包んでいる。

一方、ベントレーの特徴的なマトリックスグリル(もともとは1920年代の未舗装のル・マンのレーストラックでラジエーターを保護するために開発されました)は、アークティカホワイトで#7が描かれ、2003年のレースに優勝したナンバーで1924年から1930年の間にル・マンで5回優勝したベントレーのラジエーターのペイントを表している。

ル・マン・コレクションのコンチネンタルGTとコンチネンタルGTCのインテリアは、ベントレー・スピード8よりもはるかにラグジュアリーだが、モータースポーツという目的意識は同じだ。特注の2003年製のリースのウェルカムランプが、ベルーガのハイドでトリミングされたコックピットへと案内してくれる。シートの表面には性能重視の起毛のダイナミカが張られ、インテリアのモノクロームカラーに、コントラストの効いたホットスパーのシートステッチとシートベルトがアクセントとなっている。ステアリングホイールはハイドとダイナミカで縁取られ、ホットスパーのコントラストステッチと6時位置のアクセントタブが目を引く。

フェイシアとドアウエストレールには、ピアノブラックとハイグロスカーボンファイバーの2種類の仕上げが施され、間にクロームのピンストライプが施されている。ピンストライプが流れるようにドアとフェイシアをつないでおり、すべてのベントレーに共通する優れたクラフトマンシップを示している。

ル・マン・コレクションは、スピード8のシルプレートと6つのリースのトレッドプレートが乗員を出迎えるなど、多くの特別なディテールを備えている。フェイシアには、光沢のあるカーボンファイバーにはめ込まれた6輪のエンブレムがあり、1924年から2003年の間にベントレーがル・マンで記録した6回の完全優勝を表している。

ル・マン・コレクションのコンチネンタルGTとGTCは、ベントレーが誇る6.0リッターW12 TSIエンジンを搭載し、最高出力659PS、最大トルク900Nmという驚異的な性能を発揮する。

卓越したハンドリングにより、最高速335km/h、0-100km/h加速3.6秒を実現している。この新しい限定車は、4つのシャシー技術の組み合わせにより、この伝統を引き継ぐ車にふさわしいレベルの俊敏性、パフォーマンス、乗り心地を実現している。

ベントレーダイナミックライドとアダプティブダンピング付き3チャンバーアクティブエアサスペンションは、クルマのバランスに重要な役割を果たし、優れた土台となっている。 また、オプションの新開発カーボンセラミックブレーキ、可変エレクトロニックスタビリティコントロール、オールホイールステアリング、エレクトロニックリミテッドスリップディファレンシャルが、俊敏性とパフォーマンスをさらに強化している。

ベントレーとル・マンとの長い付き合いは、決して順調なスタートとは言えなかった。「全くクレイジーだ。きっと誰も完走できない。クルマは24時間、そんな負荷がかかるように設計されていない」1923年、プライベート参戦のジョン・ダフがベントレー3リッターで初のル・マン24時間レースに挑むと聞いたW.O.ベントレーは、そう反応した。しかし、W.O.の魂に宿る競争心により、土壇場でラ・サルト・サーキットに駆けつけることになったのだ。ダフの4位入賞(ガソリンタンクの穴の修理のため長時間中断)と最速ラップに感動し、W.Oとベントレーモーターズは、1924年にワークス参戦し、勝利を収めた。これが、7年間で5回の優勝を果たした栄光の10年間の始まりだった。

2001年、ベントレーはEXPスピード8で復活し、6回目の完全優勝を目指す3年計画のスタートを切った。そして2003年6月15日の日曜日、ベントレーの2台のワークスのスピード8は、この最も過酷な耐久レースで1位と2位を獲得した。ガイ・スミス、トム・クリステンセン、リナルド・カペッロの#7が377周を平均時速214.33kmで走り、ジョニー・ハーバート、マーク・ブランデル、デビッド・ブラバムの#8がそれに続く。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58518/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ