ベントレーモーターズが協賛する2023年IAPアワードではプロ・アマ問わず写真募集中


締め切りは3/31まで。クルマの写真でぜひ応募しよう

第3回目を迎える国際自動車写真賞(IAPアワード)が2023年も開催される。ベントレーは今年もIAP賞のスポンサーを務める。

IAPアワードは、最高の自動車写真の確立・促進を目的としており、同じマインドを持つ情熱的なコミュニティを集め、様々な才能やクリエイティブな作品を紹介している。応募はIAPのウェブサイトから行うことができ、コンテストは2023年3月31日に締め切られ、審査は2023年5月に実施される。

アマチュア、プロを問わず、6つのカテゴリーに分かれており、参加者は好きなだけ写真を投稿し、世界のスポンサーから素晴らしい賞品を獲得するチャンスがある。

ベントレーのコミュニケーション・ディレクターであるウェイン・ブルースは、カースポッター部門のゲスト審査員として参加し、世界中のアマチュアおよびプロのフォトグラファーからの応募を楽しみにしている。彼は次のようにコメントしている。「IAPアワードの審査委員会に再び参加できることを光栄に思っています。意欲的なクリエイターの作品を審査する時間は、本当に楽しいものです。 いつも美しいクルマの美しい写真がたくさんあり、私自身、クルマ好きなので、今年の応募作品を見るのが楽しみです。 より好奇心をそそるクルマ、よりクリエイティブな写真であればあるほどいいと思います」

その他、「アトモスフィア」、「ビューティー」、「モータースポーツ」、「ピープル」、「カースポッティング」などのカテゴリーがあり、誰もが楽しめる内容となっている。これらの部門の審査は、共同創設者で著名な写真家であるヘディ・サーソブ氏やエイミー・ショア氏とともに、著名な写真家や自動車専門家が行いる。各応募作品は慎重に審査され、受賞者の発表までの間、IAPアワードのソーシャルメディアアカウントで多くの作品を共有することにより、自動車写真のコミュニティの発展を目指する。

ベントレーとともにアワードを共催するのは、ヴァースティ・ヘッドウェア社とシンクタンク社だ。総合賞の受賞者には、ベントレー体験、富士フィルムXT5カメラ(18-55mm付き)、ヴァースティ特注キャップ、バックストーリーバックパックシンクタンクフォトが授与される。6部門のファイナリストには、300ポンドのギフト券、ヴァースティの限定キャップ、シンクタンクフォトのスリングバックが贈呈される。

この賞は、2023年3月31日まで応募を受け付けており、参加費は1作品につき2ポンド(322円)だ。作品は2023年5月に審査され、受賞者は2023年6月に発表される予定だ。

詳細についてはこちら





トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/58098/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ