180mmホイールベースを伸長した、ベントレーのベンテイガロングホイールベースが日本上陸 六本木ヒルズで特別展示会開催


180mmホイールベースを伸長した、ベントレーのベンテイガロングホイールベースが日本上陸 六本木ヒルズで香りの体験も

ベントレーは、ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース(EWB)のデリバリーを、日本でも今春より開始し、導入を記念して六本木ヒルズ内の「カフェ/スペース」にて特別展示会を行うことを発表した。ベンテイガEWBの価格は、28,028,000円。

大ヒットモデルとなったベンテイガをベースとし、高級SUVのラインアップに「ウェルネス」をキーワードに掲げたベントレーの新たな超高級フラッグシップとして位置づけられるこの新型グランドツーリングSUVの投入により、ベンテイガシリーズは計4車種となる。

ベンテイガEWBはベンテイガのホイールベースを延長しただけのモデルではない。このニューモデルを製作するためにベントレーは莫大な投資を行い、ミュルザンヌの後継にふさわしい最高のリアキャビン、ベントレーに期待されるエフォートレスなパフォーマンス、卓越したクラフトマンシップ、無限のパーソナライゼーションを実現しているのだ。

2015年に誕生したベンテイガはラグジュアリーSUV市場を開拓し、現在も先頭を走り続けている。誕生から8年が経過し、優れたオフロード性能、ハイブリッド技術、圧倒的なパフォーマンス、充実のスペシフィケーションなど、ベンテイガの実力は誰もが知るところとなった。ベントレーのベストセラーモデルとして君臨するベンテイガは、後続の競合ラグジュアリーSUVのベンチマークにもなってくる。ベンテイガEWBは、また新たな頂点を極める。

2022年、ベントレーの世界販売台数は、それまでの最高であった2021年を4%上回る15,174台となり、その40%強をベンテイガが占めた。ラグジュアリーSUV市場の世界的な成長は2030年頃まで続くと予測されているが、Eセグメントに限っては減少傾向にある。ミュルザンヌの精神を受け継ぐベンテイガEWBが、そのポテンシャルでDセグメントのレベルを引き上げる。

ベントレーの顧客が購入の決め手としているのはデザイン、テクノロジー、パフォーマンスの3点であり、現オーナーは運転特性を最も重視していることが分かっている。また、最近ではオーナーの82%がラグジュアリーSUVを日常的に使用し、74%がタウンユース中心であるという調査結果もある。ベンテイガEWBでは、運転席でも後席でも満足できるよう、クラストップのSUVの万能性がさらに進化している。

ベンテイガEWBはベンテイガシリーズ全体の最大45%を占める販売を見込んでいる。ベンテイガシリーズは今後もベントレーにとってナンバーワンモデルであり続け、ラグジュアリーSUV市場で首位を独走し続けることが期待される。



【ベンテイガEWB特別展示会】

会場 六本木 ヒルズカフェ/スペース
〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1(ヒルサイド2F)
日時 2023年3月31日(金)~4月2日(日)
時間 13:00 -21:00
展示 ベンテイガEWBアズール

なお、会場では株式会社Ari・gateホールディングス(東京都目黒区:代表:守屋Kスケ)の運営する日本初となる4060通りの組み合わせの中から自分好みの香りをその場で調合してヘアーオイルやシャンプー・トリートメントをつくれる販売店『inioi Lab.(イニオイラボ)』とのコラボによる香りの調合体験を3日間を通じ13:00-19:00の間で体験できる。

これまでは衛生上の問題から、認証を受けた工場外で容器に原料を注入することを禁じられており、ヘアケア剤の原料を店舗内で調合することは不可能だった。しかし、今回は、ヘアケア剤の【香料を入れるという最後の工程】を来場者自身に体験してもらう事によりこの問題をクリアし、来場者が好みの香りでヘアケアを作るという新しい文化の創出が可能になった。 ベントレーのビスポークでクルマを作るという体験になぞらえ、“シャンプーの香りは自分で作る”という新たな習慣をパーソナルパフュームヘアケ(PPH)」として来場いただいた来場者に提案する。ぜひ、足を運んでみよう。




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/58071/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ