350万円予定のフォルクスワーゲン ID.2allの次に出るのは、もっと小さい280万円のID.1?


2025年に登場する22,000ポンド(350万円)よりも小型車が出るということは、ID.1だね

いやはや、VWは仕事が早いね。こないだ25,000ユーロ(400万円)の電気自動車を発表したばかりのVWが、続けて2025年に登場する市販車を予感させるコンセプトカーを発表した。

このID.2allは、先日の年次記者会見でトーマス シェーファーが発表した後、急遽製作されたものってわけじゃない。彼は2022年7月にCEOに就任し、2023年2月にベントレーからデザインボスのアンドレアス ミントが加わったばかりで手掛けたものなんだから。

そして、その短い時間の中でミントが行った仕事を、私たちは気に入っている。ID.2allは、「安定性、好感度、興奮という3つの柱に基づく」とミントが語る「新しいフォルクスワーゲンのデザイン戦略」を予告しているそうだ。力強く安定感のあるデザインは、メッセージ性の高いものである。

デザインは、「フレンドリーな顔」と「自信に満ちた笑顔」、直線的なサイドは安定感を表現し、Cピラーは初代ゴルフ1のものを進化させたものだと言われている。個人的には、もうちょっとレトロ感を出してほしいけど。

コンサバティブなスタイリングの下には、VWグループの進化したMEBエントリープラットフォームがあり、現行のMEBプラットフォーム搭載車とは異なり、ID.2allは前輪駆動である。フロントアクスルに搭載された223bhpの電気モーターにより、0-100km/hのタイムは7.0秒以下となるはずだ。ここで注目すべきは、クプラの次期アーバンレベル(UrbanRebel)が同じプラットフォームに搭載され、同じ出力で0-100km/hのタイムが6.9秒であることを主張していること。VWのバッテリーには38kWhと56kWhの2種類があり、後者は航続距離450kmを目指する。最高速度は160km/hで、125kWのDC急速充電を使えば、20分で10%から80%までの充電が可能だ。

フォルクスワーゲンによれば、ID.2allは「ゴルフのように広く、ポロのように安い」モデルで、目標価格は22,000ポンド(350万円)以下という。全長4メートル、全幅1.8メートル、20インチホイール、5人乗り、490リッターのトランクを備えている。とても実用的だ。また、SUVでないことにもお気づきだろう(笑)。しかし、2026年には同じプラットフォームで「コンパクトな電気自動車SUV」が登場する予定だそうで、これはすごい。

ID.2allの車内には、いいニュースがある。VWは、私たちの声に耳を傾けてくれたのだろうか。このボタンは、12.9インチの中央インフォテインメントディスプレイ(10.9インチのデジタルダッシュとヘッドアップディスプレイと対になっている)の下にあり、照明付きであることが明確に伝えられている。これで一気にID.3よりID.2allの方が良くなった。一体、何を考えてあのようなスライダーをつけたのだろうか、と全く意味不明だったから。さらに、ID.2allには、タッチスクリーン用の小さなiDriveスタイルのコントローラーと、ステアリングホイール上の実際のボタンが付属している。

とはいえ、またMk8ゴルフ/ID.3の話で盛り上がるのはやめておこう。ID.2allのインテリアは、クリーンな表面、より直線的なライン、そして「大型ID.モデルから受け継いだ価値の高い数々の技術」が盛り込まれている。そのために、電動マッサージシート、パノラマサンルーフ、電子機器に電源を供給するための230Vソケットが用意されている。また、VWのクルーズコントロール「トラベルアシスト」やヘッドライトの「IQ.Light」技術もあるが、これらはエントリー価格が22,000ポンドを超えるようなオプションになると予想される。

というのも、VWはID.2allを発表する一方で、17,500ポンド(280万円)以下の小型EVを開発中であることを明らかにした。もしそれがID.1でないっていうんなら、トップギアは持続可能な生産とリサイクル可能な帽子を食べてやるー!








=海外の反応=
「この価格では発売されないだろう」
↑「いや、このクルマは基本的なトリムと最小限のオプションしかついてないんじゃ?」
また、「もっとシンプルな仕様のクルマがあればいいのに」という意見もあった。
「フォルクスワーゲンのゴルフやポロと比較し、その可能性は無限大」
「正確な航続距離とトップトリムの価格について知りたい」
「デザインがいい」
「好き。Polo GTIに似ているな」
「ID.2よりトヨタ プリウスの方が良いよ」
「あんまり価格よりも高くつきそうなら、代わりに中古車ってのも手」
「デザインが好きだけど、リアは古いセアト イビザ風」
「廉価版には高価なものと同じ機能はないだろう。賭けてもいい」
「VWの価格戦略を考えると、インフォテインメントシステムがユーザーフレンドリーなものになるかどうか疑うなあ」
↑「技術は常に進化してるんだから、操作できない人は完全に運転をやめるか、古い車を買うべき」
「デザインは現行のGolfとPoloのブレンドに似ている」
「VWがどうやって22Kポンド(350万円)で車を作ることができるのか、もしそうすれば、市場を混乱させることになる」
「VWの車の大きさをマツダと比較しちゃうとな…」
↑「VW Up!にもちゃんと5つのドアがあるじゃん」
↑「マツダのドアはちゃんとしたものじゃないのかい?」
↑「飾りっぽい」
↑「そりゃ、Mazda3のことでしょ?」
↑「マツダのEVはMX-30だからさ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57932/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ