ベントレー、サステナビリティ・コミュニケーションの責任者を新たに任命



ベントレーモーターズは、ウェイン・ブルース率いるコミュニケーション部門のサステナビリティ・コミュニケーションの部長に、ステファニー・ラックナーを任命した。アウディAGから入社した彼女は、これからベントレーの経営陣、リーダーシップチーム、およびリージョナルネットワークと緊密に連携し、環境、経済、および社会の持続可能性に関するコミュニケーションを形成するとともに、会社全体でダイバーシティ&インクルージョンの理解を深めることに貢献する。

ステファニーは、エグゼクティブスピーチライティング、ソーシャルメディア、戦略的プランニングに長けた経験豊富なコミュニケーションのエキスパートだ。特に経営陣のコミュニケーションに強く、以前はアウディAGで社内マネジメントコミュニケーションの責任者を務めていた。

ウェイン・ブルースは、ステファニーの就任について、次のようにコメントしている。
「このようなエキサイティングな時期に、非常に重要な役割としてステファニーをチームに迎えることができることを大変嬉しく思っています。私たちは、ビヨンド100戦略に基づき、全モデルの電動化、ダイバーシティ&インクルージョンの推進、2030年までに完全にカーボンニュートラルな企業になることを目指して変革を行っています。この変革のストーリーや進捗を社内外へ発信していくことは、ステファニーとチームにとって素晴らしいチャレンジとなるでしょう」

また、ステファニーは、次のようにコメントしている。
「ベントレーのストーリーは、100年以上前、大胆なパイオニアたちが活動の範囲を広げて、レースの世界を牽引したことから始まりました。今またベントレーは、ラグジュアリーカー業界として最も大胆な計画であるビヨンド100戦略に基づき、持続可能なラグジュアリーモビリティへの移行において業界をリードしています。ベントレーが、より持続可能でダイバーシティとインクルージョンに溢れた未来へ向かう道を定めるお手伝いをすることは、私にとっては、今までで最もエキサイティングかつ重要な仕事の一つです」

ステファニーは、昨年退職したジョー・オブライエンの後任となる。





トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57731/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ