フォルクスワーゲンの日本正規輸入70周年を記念して、トップギア エレクトリックカーオブザイヤーを受賞したID.Buzzを日本導入



フォルクスワーゲンジャパン株式会社は、フォルクスワーゲンの日本正規輸入70周年を記念して、年内に特別仕様車を発売する計画を発表した。さらに、ID.Buzzを2024年末以降に日本市場に導入する。

フォルクスワーゲンの日本における歴史は、1953年にフォルクスワーゲン タイプ1(通称:ビートル)108台とタイプ2(通称:トランスポーター)3台が正規輸入されたことに始まる。2023年は、昨年末に発売した完全電気自動車SUV「ID.4」を通年で販売する予定だ。また、フォルクスワーゲンの主力モデルである「ゴルフ」と「ゴルフ ヴァリアント」に装備を追加し、手頃な価格で販売する70周年記念特別仕様車の発売も予定している。

さらに、昨年のグローバルデビュー以来、「ID. Buzz」はトップギアのエレクトリックカーオブザイヤーの受賞をはじめ、世界中で注目を集めており、2024年末以降に日本へ導入されることが正式に決定している。 タイプ1に続き1950年代から生産されているタイプ2は、自由なライフスタイルの象徴としてフォルクスワーゲンブランドのイメージ形成に重要な役割を果たし、日本では "VW Bus" の愛称で愛されている。次世代電気自動車「ID. Buzz」は、「Type 2」に代わり、今後もフォルクスワーゲンブランドのイメージメーカーとして重要な役割を担っていく。さらにフォルクスワーゲンは、70年以上にわたって日本のユーザーに支えられてきたことへの感謝の気持ちを込めて、様々な活動を行う予定だ。これらの活動の詳細は、70周年記念特設サイトにて発表されていくので、ぜひチェックしよう。
日本70周年記念サイト:https://sp.volkswagen.co.jp/70th/





トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/03/57674/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ